Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Mark Guiliana: A Form of Truth (2013) ジャズ的なものからの軽妙な遠心力

 マーク・ジュリアナのドラム、はメルドウとのデュオでその素晴らしさ、に魅惑され、同時期に発売されたアルバム2つ、Beat musicとMy Life Starts Nowでヤラれてしまった。そのときは、彼のビートに凄み、なんていうか機械のような正確さと、そこから突き放すようなアクセント、に掴まれたような気がする。その後のFamily Firstを聴いたときの「がっかり感」が何だったか、考えてみると、ジャズとの力学関係の違い、だと思う。特にBeat musicで感じたようなジャズ的なものからの軽妙な遠心力、が決定的に足りなくて、むしろ求心力にがっかりした、ように思えるのだ。ジャズ好きの多くの聴者が良かった、と感じたのに違いない部分に不満を感じたわけ。

 Bandcampのダウンロードサイトで見つけた、このアルバム"A Form of Truth"の魅力は、まさにジャズ的なものからの軽妙な遠心力。ビートの力で様々な躍動やパルスを伝える。上物は自在に変化していく。彼のビートを納める音空間として、従来型のジャズは、如何にも小さいと思うのだけど、どうだろうか。

 

---------------------------

Mark Guiliana: A Form of Truth (2013, Beat music)
1. You're My Hero 03:28
2. That Girl in Stockholm 05:36
3. Brian 05:08
4. Theodore 02:19
5. HIT 04:26
6. I Should've Cheated on You 07:08
7. A Form of Truth 05:15
8. Patrick Ewing 02:54
9. HEERNT 02:55
10. Standby 03:33
11. T.I.E. 02:09
12. New Jersey Ballad 02:00
All songs written by Mark Guiliana
Mark Guiliana(ds, electronics), Tim Lefebvre(b), Neal Persiani(b), Aaron Dugan(g), Nir Felder(g), Jeff Taylor(vo), Jason Lindner(key), David Binney(as), Mike Severson (g,b), Meshell Ndegeocello (b)
Recorded by Steve Wall at Gardentone, Brooklyn, NY.
Mixed and mastered by Zach Danziger in NYC.
Produced by Meshell Ndegeocello, Zach Danziger, and Mark Guiliana.