Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM2421) Ben Monder: Amorphae (2010, 2013) 浮遊なんてもんじゃなくて

  ビル・フリーゼルに通じる浮遊、まで書いて、そうではなくて、と思った。

 厚い雲が覆うような憂鬱な光景、そして、遠くに見える弱い光、そんなモノートーンの心象を、ギター一本で描き出す描写力に驚いた。

 そして、ディストーションを効かせたギターの音が、陰鬱な光景に厚みを与えていく。亡きモチアンも点景として溶け込んでいる。

 この手の音は得てして単調で、しばらくすると飽きてくるのだけど、音の彩度や温度を全く変えず、様々な音色を飽きさせず聴かせる。凄い。 

  まだまだ聴きたくなった。

 それにしてもBen MonderとかJacob Broを起用していたモチアンは凄かった、と改めてしんみり。

 でもボクがVillage Vanguardで、Paul Motian and the Electric Bebop Band を聴いた2000年代のはじめ、その良さを受け止める耳の入り口を持っていなかったことが、今になって悔しい、と思う。仕方ないのだけどね。

 あ、それからAndrew Cyrilleの名前も懐かしい。横浜の本牧ジャズ祭で聴いたのは30年前。硬質のドラムがいいなあ。

youtu.be

-----------------------------------------------------------------

[ECM 2421] Ben Monder: Amorphae (2010, 2013)
1. Tendrils ( Ben Monder) 5:21
2. Oh, What A Beautiful Morning (Richard Rodgers, Oscar Hammerstein) 5:22
3. Tumid Cenobite (Andrew Cyrille, Ben Monder) 4:49
4. Gamma Crucis (Andrew Cyrille, Ben Monder, Pete Rende) 5:15
5. Zythum (Andrew Cyrille, Ben Monder, Pete Rende) 7:06
6. Triffids (Ben Monder, Paul Motian) 2:55
7. Hematophagy (Andrew Cyrille, Ben Monder) 6:57
8. Dinosaur Skies (Ben Monder) 7:05
Ben Monder(g), Paul Motian(ds on 2,6), Andrew Cyrille(ds on 3,4,5,7) Pete Rende(synth on 4,5)
Design: Sascha Kleis
Cover Photo: Max Franosch
Musician Photos: Jesse Chun, Sun Chung
Mixing Engineer: Rick Kwan
Recording Engineer: James A. Farber (2, 6, 8), Rick Kwan (1, 3 to 5, 7)
Producer: Sun Chung
Released: 15 Jan 2016

Oh, What a Beautiful Morning,
Triffids and Dinosaur Skies
recorded October 2010 at Sear Sound

Tendrils, Tumid Cenobite, Gamma Crucis.
Zythum and Hematophagy
recorded December 2013 at Brooklyn Recording