Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

佐藤允彦, Gary Peacock: Samadhi (1972) Gary Peacockの日本での録音(続き)

 前にアップしたヘレン・メリルの録音から半年弱、後の録音。メンバーはヘレン・メリル抜き、の3人。これが実に素晴らしい。当時のチック・コリアECMおける吹き込みA.R.C.に近い音世界。このアルバムのB面では、それを電気ピアノで見事にやっていて、Rhodesらしい伸びやかな音遣いが気持ちよい。ユニットとしての一体感がよく、佐藤・ピーコックの対話に対し、控えめながらも切れの良いリズムを与えるドラム。

 佐藤允彦のアルバムは結構持っていて、好み、ではあるのだけど、多才の才が逆に印象を薄めているところがある。とても優等生的な演奏でスリルのようなものが足りない、と思える。それは完成度の高さ、の裏腹であることが、このアルバムを聴くと良くわかる。だからA面のアコウスティック・ピアノを用いた(教科書のような)フリー的な演奏よりも、それを消化したB面の電気ピアノの演奏のほうが伸びやかに感じるのではないかと思う。楽しい。

 佐藤允彦の初期の代表作としてパラジウムが挙げられるが、ボクは Samadhi (三昧)だなあ、と思うのだ。

 これでGary Peacockの滞日時の吹き込みは全部揃った、と思うのだけど、どうだろうか。全く、確信はない。

Mal Waldron: First Encounter (日本Victor)
Jack DeJohnette: Have you heard ? (CBSソニー)
山本邦山: 銀界 (日本フォノグラム)
Gary Peacock: Eastward (CBSソニー)
Gary Peacock: Voices(CBSソニー)
菊地雅章: Poesy (日本フォノグラム)
渡辺貞夫: Paysages(CBSソニー)
Helen Merrill: Sposin' (仏Storyville)

----------------------------

佐藤允彦, Gary Peacock: Samadhi (1972, 東芝)
A. Samadhi 18:05
B1. Fairy Rings 14:41
B2. Fall Out 5:40
佐藤允彦(p), Gary Peacock(b), 日野元彦(ds)
Director: Morihisa Shibuya
Engineer: Yoichi Namekata
Producer: 佐藤允彦
Recorded March 3, 1972.

アルバムはsecond ppress で、オリジナルとはジャケットが異なる。パラジウムもそうだ。