Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Marc Ribot, The Young Philadelphians: Live In Tokyo (2015) ああ懐かしい

 

 先日、Free系が沢山紹介されるブログで懐かしい名前が。ジャマラディ−ン・タクマとカルヴィン・ウェストン。1980年頃にジェイムス・ブラッド・ウルマーを聴いていたら、おなじみの粘るベースとドラム。変態ファンクを支えていた。

 さて、このアルバムが気になっていたのだけど、最近、apple musicに。嬉しい。これ、ウルマーと同じでFree系の奏者がちょっと変なファンクとかロックやるような感じのアルバム。聴きやすいメロディ・リズムの横で、過激・過剰なギターが炸裂するような、楽しい演奏。弦も入って、その構図を際立たせている。シメがヴァン・マッコイのハッスルで、最高。

 すみません、ボクはMarc Ribotも, Mary Halvorsonも、これから聴くので、どっちがどっちか分からない。でも、どっちもいい感じに変。

 それにしても、このバンドの東京公演(クアトロ)に来た人って、どのような音楽を聴く人なんだろうか。ジャズファン、でもないように思えるが。

apple musicはこちら

--------------------------------------

Marc Ribot, The Young Philadelphians: Live In Tokyo (2015, Yellowbird)
1. Love Epidemic (The Trammps) 5:21
2. Love Tko (Teddy Pendergrass) 6:47
3. Fly, Robin, Fly (Silver Convention) 9:05
4. TSOP (The Sound Of Philadelphia) (MFSB - Mother, Father, Sister, Brother) 9:22
5. Love Rollercoaster (Ohio Players) 7:22
6. Do It Anyway You Wanna (People's Choice) 6:46
7. The Hustle (Van McCoy) 9:14
Marc Ribot, Mary Halvorson(g), Jamaaladeen Tacuma(b), G. Calvin Weston(ds)
+ Strings: China Azuma(cello), Takako Siba(viola), Yoshie Kajiwara(vln)
Artwork: Ashura Benimaru Itoh
Design: Gold Unlimited
Photograp: Hiroki Nishioka
Engineer [Live]: Seigen Ono
Master: Joseph Branciforte
Mix: Francois Lardeau
Recorded live July 28, 2014 at Club Quattro - Tokyo, Japan