Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM2460/61) Mette Henriette (2013-14) 今だからこそ

 今だからこそ、聴くことができる、アルバムだと思う。昨年10月に発売されたときから気になってはいたが、注文したのはつい先日。勿論、価格のことはあるのだけど、試聴しても注文に至らなかった、のも事実。だから、仕事が一段落して、そして忘れかけていた雪が降りはじめたとき、聴くことができる、ように思えた。そして聴き続けている、昨日、届いてから。

 creditをみて分かるように(入力・編集に時間がかかった)、大作、といってよい。2つの異なるグループで、2年の時間をかけて録音・編集されている。アイヒャーのプロデュースで、ミックスダウンに3人、おなじみの二人にメッテ・ヘンリエッテが加わって、である。しかも、デビューアルバムの題名が奏者の名前そのもの。(そんな例は過去あるのかな) 

 内容はボクのストライク。かなり中心にはまった。ただし季節限定のような気がする。今の時候がぴったり、と感じる。音の温度は低い。 録音は素晴らしい。残響も適度で、奏者がぼやけない程度に、うまい奥行きに収まっている。ジャズとも現代音楽とも云えない、音楽、fusionが断片的に収まっている。2枚目のほうが、ややジャズ性に重心が置かれている。ドラムのPer Oddvar Johansen(最近、金沢によく来る!)、ベースのPer Zanussiの存在感が大きい。ヨハンセンが叩いた瞬間にジャズの音場が現出するのがとても面白い。順番は逆になったが、1枚目はジャズ性は希薄だけど、これも好み。音の断片のようなものが散りばめられた感じ。2枚目もそうなのだけど、奏者が少ない分、その印象は強い。だけど、その音の断片を一つ一つ、海馬体を通し、記憶に沈めていくと、それらのコラージュが描き出す心象のようなものが光りに満ちていて、感情を揺さぶる。

 彼女はサキソフォン奏者であるのだけど、その楽器の在り方は希薄で、むしろ他の奏者が繰り出す音のキャンパス、限りなく白地に近い、を提供している趣である。そうではなくて、他の奏者が描き出す音を結ぶ紐帯、のような役割で、「全体のアンサンブル」、いや心象の中に描き出される光景が彼女の作品、なのだと思う。

  大作、なのは間違いない、聴き手、にとっても。

youtu.be

 

-----------------------------------------------------------------------------------

[ECM2460/61] Mette Henriette (2013-14)
Released: 30 Oct 2015
[Disc 1 ]
1-1. So (Mette Henriette) 1:41
1-2. .oOo. (Johan Lindvall) 3:47
1-3. The Taboo (Mette Henriette) 1:55
1-4. All Ears (Mette Henriette) 3:56
1-5. But Careful (Mette Henriette) 1:01
1-6. Beneath You (Mette Henriette) 3:10
1-7. Once (Mette Henriette) 3:53
1-8. We Were To (Mette Henriette) 0:54
1-9. 3 – 4 – 5 (Johan Lindvall) 1:59
1-10 Hi Dive (Mette Henriette) 2:52
1-11. A Void (Mette Henriette) 4:27
1-12. The Lost One (Mette Henriette) 1:10
1-13. In Circles (Mette Henriette) 3:41
1-14. I Do (Mette Henriette) 3:48
1-15. O (Johan Lindvall) 3:18
o Trio:
Mette Henriette(ts), Johan Lindvall (p), Katrine Schiøtt (cello)

[Disc 2]
2-1. Passé (Mette Henriette) 5:00
2-2. Pearl Rafter (Mette Henriette) 1:04
2-3. Veils Ever After (Mette Henriette) 1:54
2-4. Unfold (Mette Henriette) 0:40
2-5. Wildheart (Mette Henriette) 5:44
2-6. Strangers By Midday (Mette Henriette) 2:51
2-7. Late À La Carte (Mette Henriette) 4:10
2-8. So It Is (Mette Henriette) 1:38
2-9. ? (Mette Henriette) 3:32
2-10. True (Mette Henriette) 0:47
2-11. This Will Pass Too (Mette Henriette) 0:58
2-12. But we Did (Mette Henriette) 3:48
2-13. I (Mette Henriette) 6:09
2-14. Breathe (Mette Henriette) 3:59
2-15. Off The Beat (Mette Henriette) 1:51
2-16. Wind On Rocks (Mette Henriette) 6:34
2-17. Bare Blacker Rum (Mette Henriette) 1:50
2-18. & The Silver Fox (Mette Henriette) 1:41
2-19. Behold (Mette Henriette) 0:59
2-20 Better Unheard (Yet To Be Told) (Mette Henriette) 1:12
Ø Ensemble:
Mette Henriette(ts), Andreas Rokseth (Bandoneon), Per Zanussi (b), Ingvild Nesdal Sandnes (Cello) , Henrik Nørstebø (tb), Eivind Lønning (tp), Bendik Bjørnstad Foss (viola), Karin Hellqvist , Odd Hannisdal, Sara Övinge (vln), Per Oddvar Johansen(ds, saw)

Design : Sascha Kleis
Engineer [Recording]: Jan Erik Kongshaug
Mix:Jan Erik Kongshaug, Manfred Eicher, Mette Henriette
Photograph: Anton Corbijn
Producer: Manfred Eicher
Recorded 2013 – 2014 at Rainbow Studio, Oslo
Mixed November 2014 in Oslo