Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM1064/65) Keith Jarrett: The Koeln Concert (1975) ボクの1枚目のジャズアルバム

 1975年に発売され、(多分)広くECMを知らしめた、アルバムじゃないだろうか。ボクがこのアルバムを知ったのは、ラジオとかコマーシャルで流れて、高校生の頃、惹き付けられたから。購入は1979年。今まで何回も書き綴ったので、クロニカル的なメモだけをアップする。 ちなみにCD盤は1枚に納める関係上(だと思う)、導入とか拍手が若干削られている。

  今となれば、ちょっと雑に感じるだとか、甘い感傷的すぎるだとか、思うこともあるのだけど(特にクラシックを聴きはじめてから)、そんなことはどうでもよくて、18歳だったボクはこのレコード(トリオ盤)を穴が空くほどかけた、という事実があって、そこから広げ、聴いた音楽が人生を随分と豊かにしている、という事実。若いときに(若くなくても)、実利にならないことに熱中することは素晴らしく、大切なことだと実感している。

甘く、それ故に多くの人を魅了したアルバムだと思う。今はじめて聴いて、同じように惹かれるか、難しいのだけど。(準)リアルタイムに聴いた感じは、(音楽も社会も)激しく動いた1970年代のオアシスのような音楽、だったように思える。社会も音楽も穏健化していく、そんな変曲点ではなかったか、1975年。そして、この年を節目にファンク時代のマイルスは休養にはいり、ポップなマイルスとして復活するのは1980年代に入る頃である。 

 

youtu.be

参考記事:

The Koln Concert/Keith Jarrett: ジャズCDの個人ページBlog

--------------------------------------------------------------------------

[ECM 1064/65] Keith Jarrett: The Köln Concert (1975)

A1. Köln, January 24, 1975 Part I (Keith Jarrett) 26:15 (26:01)
A2. Köln, January 24, 1975 Part II a (Keith Jarrett) 15:00 (14:54)
B1. Köln, January 24, 1975 Part II b (Keith Jarrett) 19:19 (14:54)
B2. Köln, January 24, 1975 Part II c (Keith Jarrett) 6:59 (6:56)
( )内はCDの収録時間 

Keith Jarrett(p)
Design [Cover Design]: B&B Wojirsch
Photograph: Wolfgang Frankenstein
Engineer: Martin Wieland
Producer: Manfred Eicher
Released:1975
Recorded live at the opera in Köln, Germany, January 24, 1975.

オリジナル盤、焼けているので見栄えはよくない

 

見開き

見開き左

見開き右