Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Paul Bley: Tears (1983) 過敏さ、のようなものが影を潜め

  ダメだなあ、と思うのだけど、鬼籍に入った奏者を改めて聴き直し、いいなあと思う。そんなコトの繰り返し、が多い。

 ブレイもそうで、最近、暫し聴いている。

 このアルバムは1983年の録音。過敏さ、のようなものが影を潜め、ゆったりとしたピアノの音を聴かせている。仏OWL盤は好きなレーベルで内容も音も良い。ECMよりはややwarmなOWLの温度感が、ブレイのそんなピアノ・ソロにぴったり合う。尖った部分が削げ落ちて、淡々と弾く中で、綺麗な音だなあ、と思わせる瞬間が何度もやってくる。

  つい最近届いたのだけど、もう何回聴いたかなあ。彼にしては押しの弱いアルバムのようにも思えるが、とてもいい。

 

関連記事:

-----------------------------------------------------

Paul Bley: Tears (1983, Owl)
A1. Tears (Paul Bley) 6:31
A2. Ostinato (Paul Bley) 3:34
A3. Music Matador (Prince Lasha, Sonny Simmons) 5:07
A4. Walkman (Paul Bley) 4:00
B1. Flame (Paul Bley) 3:48
B2. Hardly (Paul Bley) 1:48
B3. Head Over Heels (Paul Bley) 5:16
B4. Solo Rose (Paul Bley) 3:40
B5. For Roy E. (Paul Bley) 3:01
Paul Bley (p)
Art Direction: Bernard Amiard
Edited By [Cutting] : Christian Orsini
Engineer: Jean-Martial Golaz
Photograph: Fredrich Cantor
Producer: Guy Van Minden, Jean-Jacques Pussiau
Released:1984
Recorded at Studio Adyar in Paris, May 19, 1983