Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM2470-72) Anthony De Mare: Liaisons: Re-Imagining Sondheim From The Piano(2010-2014)

 これはECMのNew series。クラシック、現代音楽のシリーズ。先般のティグラン・ハマシアンのECM作品は、このNew seriesではなかったが、古楽と現代音楽を合わせたような典雅なもので、 New seriesと思わせるような仕上がりだった。このアルバムは明らかにジャズ色は薄く、New seriesなんだろうけど、ECMのNew seriesらしからぬ作品に仕上がっている、ように感じた。

 好き嫌いでいうと、好きな作品。ピアノ独奏での3枚、というと、聴き通すことが案外難しいのだけど、この3時間を超える作品の2巡目にはいった。いい感じで聴いている。スティーヴン・ソンドハイム、という米国のミュージカルの作詞・作曲家の歌曲を36人の作曲家がピアノ曲に編曲したものが、演奏されている。奏者はアンソニー・デ・マール。あまり沢山のアルバムを出している人ではない。編曲を担当した作曲家のなかには、ライヒの他に、フレッド・ハーシュやウィントン・マルサリスまで含まれるが、全般的に現代音楽的であり、また無調的な印象でもない。日本で云うと吉松隆の曲に近いような親しみやすい雰囲気。まあ原曲がミュージカルなので、当然か。

 だから、そのような原曲の親しみやすさを土台に各作曲者が現代のピアノ曲たる編曲を加えているためなのか、部品としての音の冷ややかな感じと、曲としての暖かさ、のようなものが不思議な割合で調合されている感じ。ECMの録音としては、やや音の温度が高いように感じた。冷たさが足りないような、まさにその点がこのアルバムの魅力ではなかろうか。クラシックのようで、純然たるクラシックでないような、そうガーシュインの曲から受けるジャンル不詳感と似たような感じ。全体としての楽曲から受ける温度感は暖かな印象なので、それがECM的でなく、ある種のマンネリから外れた効果を与えている。それが冒頭にあげたような、ECMのNew seriesらしからぬ作品、の印象になったと思う。録音もアメリカだしね。(気分的にはNonesuchを聴いているような感じ、これも悪くない)

 で、はっとして、クレジットを調べたらアイヒャーのプロデュースではない。なるほどなあ、と思った。ECM的でないのも道理。なんとなく納得した。

youtu.be

--------------------------------------------------------------------------

[ECM2470-72]Anthony De Mare: Liaisons: Re-Imagining Sondheim From The Piano(2010-2014)
(Disc1)
1. A Little Night Fughetta (Arr. William Bolcom)
2. Color and Light. (Arr. Nico Muhly)
3. Finishing the Hat (Arr. Steve Reich, for 2 Pianos)
4. The Ladies Who Lunch (Arr. David Rakowski)
5. Perpetual Happiness (Arr. Eve Beglarian)
6. Birds of Victorian England (Arr. Jason Robert Brown)
7. Johanna in Space (Arr. Duncan Sheik)
8. You Could Drive A Person Crazy (Arr. Eric Rockwell)
9. That Old Piano Roll (Arr. Wynton Marsalis)
10. Sorry-Grateful (Arr. Derek Bermel)
11. No One Is Alone (Arr. Fred Hersch)
12. A Bowler Hat (Arr. Annie Gosfield)
13. I'm Excited. No You're Not. (Arr. Jake Heggie)
(Disc2)
1. The Demon Barber (Arr. Kenji Bunch)
2. Send in the Clowns (Arr. Ethan Iverson)
3. The Worst [Empanadas] in London (Arr. Ricardo Lorenz)
4. I Think About You (Arr. Paul Moravec)
5. Very Put Together (Arr. Mason Bates)
6. I'm Still Here (Arr. Frederic Rzewski)
7. Love is in the Air (Arr. David Shire)
8. Epiphany (Arr. John Musto)
9. Pretty Women (Arr. Mark-Anthony Turnage)
10. Paraphrase [Someone in a Tree] (Arr. Phil Kline)
11. In and Out of Love (Arr. Bernadette Speech)
12. Another Hundred People (Arr. Daniel Bernard Roumain)
(Disc3)
1. Into the Woods (Arr. Andy Akiho)
2. Every Day A Little Death (Arr. Ricky Ian Gordon)
3. Merrily We Roll Along (Arr. Nils Vigeland)
4. Notes on Beautiful (Arr. Rodney Sharman)
5. Being Alive (Arr. Gabriel Kahane)
6. Not While I'm Around (Arr. Thomas Newman)
7. The Ballad of Guiteau (Arr. Jherek Bischoff)
8. Now (Arr. Mary Ellen Childs)
9. A Child of Children and Art (Arr. Peter Golub)
10. going... gone (Arr. Tania Leon)
11. Everybody's Got The Right. (Arr. Michael Daugherty)
12. Sunday in the Park - Passages (encore) (Arr. Anthony de Mare)

Composed by Stephen Sondheim
Design: Bernd Kuchenbeiser
Engineer: Jeanne Velonis, Kevin Boutote, Christoph Stickel, Steve Lake, Judy Sherman
Producer for The Liaisons Project: Rachel Colbert
Recording Producer: Judy Sherman
Recorded 2010 – 2014 at the American Academy of Arts and Letters, New York, and Greenfield Recital Hall, Manhattan School of Music, New York.
Mastering at MSM Studios, München