Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Duke Ellington, Ray Brown: This One's For Blanton (1972) ピアニストとしてのエリントン

 さるBLOGの記事(感謝!)を読み、猛烈に欲しくなった。。小編成で聴く、ピアニストとしてのエリントンのタッチは強く、叩きつけるような強度のなかのピアノの響きの美しさ、が好きだ。モンクにも通底する、美しく響くリズム楽器としてのピアノ。エリントンのレコードは少ししか持っていないが、古いcapitolの古いトリオは愛聴盤。ジャズを聴く魅力そのもので、スタイルや時代を超えている。

 とは云え、普段はあまり気にしていない分野なので、エリントンとブラウンのデュオの存在は知らなかった。だから、記事を読んだあとは軽く昂奮。youtubeで試聴し、さらに昂奮。pabloなので録音もいいのでは(なんといってもJoe Passのヴァーチュオーゾだしね)、と猛烈にLPが欲しくなった次第。

 

 そこで、はっと気になり亡父の遺品のレコードのなか、Pabloの固まりを探すと、なんと既に持っていた。日本盤だけど、ヴァーチュオーゾと同じように録音はよく、全く問題ない。期待、以上に素晴らしく、エリントンのあの強いタッチを素晴らしい録音で堪能。エリントンは1974年にこの世を去っているが、このアルバムは1972年に録音され、その後1975年に発売。そんな晩年の作品とは思えない、強靱なピアノ。それをとても明瞭な録音で聴くことができて、とてもうれしい。

 それでも、それは十分予想の範囲なのだけど、レイ・ブラウンのベースらしい、低音域を舐めるように音を走らせるベースの強さ、決してエリントンの強さに負けないベース(凄いことだと思う)には驚いた。レイ・ブラウンはコンテンポラリーのアルバムで聴くことはあるのだけど、あまり意識することはなかったのでね。

----------------------------------------------------------

Duke Ellington, Ray Brown: This One's For Blanton (1972, Pablo)
A1. Do Nothin' Till You Hear From Me (Russell, Ellington) 5:28
A2. Pitter Panther Patter (Duke Ellington) 2:59
A3. Things Ain't What They Used To Be (Ellington, Persons) 3:53
A4. Sophisticated Lady (Ellington, Mills, Parish) 5:22
A5. See See Rider (Ma Rainey)3:02
Fragmented Suite For Piano And Bass (Ellington, Brown)
B1. First Movement 4:45
B2. Second Movement 5:06
B3. Third Movement 3:34
B4. Fourth Movement 4:55
Duke Ellington(p), Ray Brown(b)
Engineer : Val Valentin
Producer: Norman Granz
Recorded December 5, 1972 in United Recording, Las Vegas, Nevada.