Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Kyle Shepherd: Dream State (2014) 南アフリカのピアニスト


 amazonでCDを購入すると、他の購入者の履歴から、様々な音源を勧められる。これが案外面白くて、随分前はそこから知ったアルバムを注文したり、あるいは新しい奏者を知ったり。旬の情報を広げるツールとしてうまく動いていたような気がする。最近はあまりCDを購入しないこともあって、気にしていなかったのだけど、何となくamazonに集積される情報の劣化(レビューが見る影もない)が気になっている。参考に値する情報がない、ような気がする。

 このアルバムは久々にamazonを眺めていて、衝動的に注文したアルバム。南アフリカのピアニスト、というあたりが引き、だった。南アフリカといえば、ダラー・ブランド(改名後の名前は知らないのです)。African Pianoの呪詛のような(失礼!)音には随分びっくりした。剥き出しのアフリカのようなものが、時折、顔を出すような感じが面白かった。その印象が注文に駆り立てたような気がする。

 さすがに21世紀の奏者だけあって、もっともっと洗練されていて、とてもスムーズ(という表現がぴったり)。で、ダラー・ブランド的(多分、南アフリカ的)な味が軽く、香辛料にもならない程度に振りかけてある。聴きやすい。ボクは「現代ジャズ」の何たるや、というのは全くわからないのだけど、こんな感じ何だろうな、って思う。

 アクとか引っかかり、に個性を感じるような聴き方には馴染まなくて、グラスパ的なスムーズさ、だけど、アレほどリズム的な面白さはないかなあ、ってトコロかな。でも聴いていると、案外に気持ちがいいので、仕事中なんかにかけておくには丁度。悪くない、1枚はあってもいい(2枚組だけど)。でも、もういいかな。

----------------------------------------------------------------------

Kyle Shepherd: Dream State (2014)
Disc 1
1.City Monk,Desert Monk,Zikr
2.Family Love
3.Re-invention/Johannesburg
4.Dream State
5.Xamissa
6.Flying Without Leaving the Ground
7.Transcendence
8.Our House,OUr Rules
9.The Seeker
10.Siqhagamshelane Sonke

Disc 2
1.Cape Flats(stray bullets kill our children)
2.Black Star,Unsung Hero
3.Xahuri
4.Rituals 1
5.The Painter(for Melissa)
6.Doekom
7.Fatherless
8.Senegai
9.Rock Art(in memory of the indigenous people of Southern Africa)
10.The Sun at Dusk
11.Ashimsa(for Ghandi and Mandela)

Kyle Shepherd(p), Shane Cooper(b), Jonno Sweetman(ds)
Buddy Wells(ts on 1-2,1-5,1-7,1-10, 2-5)