Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Vinicius Cantuaria: Indio de Apartamento (2012) 低い音量であっても、揺るぎない音の存在感

 繰り返し低い音量でかけながら、本を読んでいる。聴き飽きない。トニーニョ・オルタを最初に聴いたときと同じ。気持ち悪くなるまで、聴きそうな予感。

 ヴィニシウス・カントゥアリアと読むそうだ。アパート暮らしのインヂオ、の邦題のとおり、ブラジルの先住民だそうだ。その出自由来だろうが、ジスモンチやヴァスコンセロス(彼らは20代で知ったから名前はすぐ覚えた)に通じるような深いジャングルや豊かな水から沸き上がる狂気が通底している、とともに、驚くほどの洗練さ、で熱気が除去されている。だから低い音量であっても、揺るぎない音の存在感、に圧倒されている。

 フリーゼルのギターの浮遊感が、そのようなアルバムの味付け、の一角を担っている。相性がとてもいい、ということで、フリーゼルとの共演アルバムも既に入手。それと、もう1枚。一気に3枚入手し、無限ループのなかに身をおく夏休み、なのだ。

(それにしても南米熱って、なんかのきっかけで1年に1回くらいかかって、完治まで2ヶ月くらいかなあ。やれやれ。)

 

-----------------------------------------------------------------

Vinicius Cantuaria: Indio de Apartamento (2012)

1. HUMANOS/人間 (Vinicius Cantuaria)
Vinicius Cantuaria:acoustic guitar, hand claps, vocals
Mario Laginha: keyboards
2. MOÇA FEIA/醜い娘 (Vinicius Cantuaria - Leoni)
Vinicius Cantuaria: acoustic guitar, hi-hat, percussion, vocals
Ryuichi Sakamoto: piano
3. PURUS/プルス河(Vinicius Cantuaria)
Vinicius Cantuaria: keyboards, percussion, drums, vocals
4. ACORDA起きて/Vinicius Cantuaria – Arnaldo Antunes)
Vinicius Cantuaria: acoustic guitar, vocals
Ryuichi Sakamoto: piano
5.UM DIA /ある日(Vinicius Cantuaria)
Vinicius Cantuaria: acoustic & electric guitars, drums, percussion, vocals
Olivier Glissant : Fender Rhodes
6.QUEM SOU EU/僕がなんだというのだろう(Vinicius Cantuaria)
Vinicius Cantuaria: acoustic guitar, vocals
Norah Jones: piano
7.THIS TIME (Vinicius Cantuaria – Jesse Harris)
Vinicius Cantuaria: acoustic guitar, drums, percussion, vocals
Jesse Harris: vocals
Bill Frisell: electric guitar
Liminha: electric bass
8.CHOVE LA FORA/外では雨が降っている(Tito Madi)
Vinicius Cantuaria: acoustic guitar, percussion, vocals
Bill Frisell: electric guitar
9.INDIO DE APARTAMENTO/アパート暮らしのインヂオ(Vinicius Cantuaria)
Vinicius Cantuaria: acoustic guitar, electric guitar, keyboards, percussion, vocals
10.PE NA ESTRADA/旅立ち (Vinicius Cantuaria – Evandro Mesquita)
Vinicius Cantuaria: acoustic guitar, vocals
Bill Frisell: electric guitar
Dadi:electric bass