Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

菊理媛命の山へ:今年も残雪期の白山


 先の土曜日曜は、東京から来た友人と、北陸の山日帰り二連戦。夜は、金曜土曜日曜の三連戦。加齢を顧みない過密スケジュール。ボクも疲れたが、付き合わせたSサンもそうだった、と思う。お疲れ様。

 土曜の荒島岳に続き白山。残雪期の白山が好きで、ここ数年登っている。別当への道路が開通してから登るのだけど、今年は6月に入ってから。昨年より2週間あまり遅かった。融雪が予想以上に進んでいて、アイゼン不要の登山となった。

 だから、残雪期というより夏山寸前の雰囲気ではあったのだけど、登路の1/3には雪があり、まずまず楽しめた。東京の友人と職場の若い同僚2名で行ったのだけど、天気に自信ありの晴れ男女達(ボクは中立、そんな感覚はない)だけあって、天気に恵まれた。

 好天の中、山頂に近づくほど、晴れ渡ってきた。菊理媛命の山が纏う衣はいよいよ薄く、その流れる様がいつになく美しい。そして、山頂に着く頃は深い蒼空のもとにいた。

 渓流釣りに入れ込んで、まあ山遊びだからいいか、って思っていた。だけど登山は爽やかなスポーツ、渓流釣りはもっと暗い内的衝動(人間の奥底の狩猟衝動)があるなあ、と思った。

 もう少し、山に登らなきゃね。

甚之助避難小屋から見る別山は好きだ。別当覗きあたりから雪。

ガスが流れる中、登る。甚之助から南龍分岐へ

分岐からのトラヴァース。夏山の景観に近い。残念。

黒ボコから見る別山

弥陀ヶ原からの山頂。開放感に浸る。

室堂からの御前峰

雲が沸く

御前峰山頂からの室堂と別山

大汝峰