Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM2377) Sinikka Langeland: The Half-Finished Heaven (2013) 4月のもっきりや

 珍しく新譜のECMを買った。最近は少し類型化した音世界、に退屈したところがあって、どれも同じような感じがあって、少し興味から落としていた。1970年代から1980年過ぎまでの、振れ幅の大きな音世界を、アイヒャーの世界観のなかに統一的に見せた、あの世界ではなくなっているようにも思えて。近年は、皆が感じているのだろうが、レーベルの終焉に向かって疾走する気迫、はあるのだけど。

 とは云え、やはりそれは一定の質を越えたうえでの議論であって、やはり手にすると面白い。

 実はもっきりやの平賀さんからの連絡で、このアルバムを入手。シニッカは実ははじめて聴く奏者(ECMでは3作目かな)。4月9日にシニッカがもっきりやでライヴ。

--------------------------------

4月9日 金沢・もっきりや
「北欧伝統楽器カンテレと歌 「フィン族の森」より
= = = 動物たちとの不思議な出会い」

Sinikka Langeland kantele, vocals
Nora Taksdal viola
Trygve Seim tenor saxophone
Markku Ounaskari percussion

--------------------------------

 ということだそうで。ECMのrecording artistを金沢で聴ける、とは思わなかった。驚いた。アルバムを聴くと、子守歌のような安らぎのある、ゆったりとした音楽。北欧の民族楽器カンテレと唄で、しばし安らいだ気持ちになる。たぶん、もっきりやの落ち着いた空間とよく合うような気がする。今からとても楽しみ。

 あらためて聴いていると、このような安らいだ音をそっと出すような、今のECMの世界はまた、あの頃のECMにはなかったもので、だからこそ40年を越える音の蓄積のなかで静かに黙したまま変わっていくのだろうな、って思った。そして、いつの日にか、気がつくと音が消えている、そんな朝があるのだろう。 

 

-------------------------------------------------------------------

[ECM2377] Sinikka Langeland: The Half-Finished Heaven (2013)
1. Hare Rune 04:07
2. The Light Streams In (Words: Tomas Tranströmer) 4:29
3. The White Burden 3:55
4. The Half-Finished Heaven (Words: Tomas Tranströmer) 6:49
5. The Woodcock’s Flight 5:53
6. Caw Of The Crane 5:39
7. The Tree And The Sky (Words: Tomas Tranströmer) 3:51
8. The Magical Bird (Based on a Trad. polsdans from Finnskogen) 3:44
9. Hymn To The Fly 3:28
10. Animal Miniatures 2:06
11. The Blue Tit’s Spring Song 4:27
12. Animal Moment 0:19
Music by Sinikka Langeland
Sinikka Langeland (vo, kantele), Lars Anders Tomter (viola), Trygve Seim(ts), Markku Ounaskari (ds, perc)

Design: Sascha Kleis
Engineer: Jan Erik Kongshaug
Photography: Dag Alveng, Antonio Armentano
Producer: Manfred Eicher
Recorded January 2013 at Rainbow Studio, Oslo