Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM1025) Ralph Towner With Glen Moore: Trios / Solos (1972) ECMの魔術

 1972年に録音し、1973年に発売する一連のアルバムの質の高さ、に驚きを禁じ得ない。

 このアルバムは、今回のLPレコード蒐集のなかではじめて聴いたもの。タウナーはDiaryが気に入りで、かれこれ30年以上聴いているのだけど。聴いておけば良かった、このアルバム。メンバーは当時のオレゴンと全く同じ。ただ、当時のオレゴンは米Vanguardと契約していたのでタウナー名義。また、4人が揃った演奏はなく、ソロ、デュオ、トリオ。ただし、多重録音(タウナーのギターとピアノ)が入っているので、そんなに単純な聴こえ方じゃないのだけど。

(VanguardからElektraを経て、ECMオレゴンに登場するのは10年くらい後。)

 当時のオレゴンを聴くと、1970年代のブルーベック、つまり米国のFlower generationの若者達の気分に合わせたバンドのように思う。クラシックを聴くほどsnobじゃないけど、black musicを聴くほどhipになれないけど、のような(アクマで推測です)。東洋の香りを持つジャズっぽい室内楽、て感じ。

 このECMはそこから大きく飛び出して、個々のimprovisationに大きくspotを当てており、また大きな音空間に納めることで、音の洪水のなかでもなお、沈黙の背景から浮かび上がらせている。静謐さ、を失っていなくて、まさに欧州のマイナ・レーベルを聴く悦びに浸れる。

 ニューヨークでの録音なのだけど、remixで完全にECMの世界。演奏と録音の素晴らしい邂逅、がここにある。ECMの魔術、を聴いている。Vanguardのオレゴンよりも、音空間は広く、個々の音の分離はよく、しっかりとした定位感。さらに、聴き手との距離が随分近い。演奏だけでなく、音、でも聴かせているのだ。(昨日の武田・渋谷と対極だなあ)

youtu.be

工藤さんのブログ:

jazz.txt-nifty.com

--------------------------------------------------------------------

[ECM1025] Ralph Towner With Glen Moore: Trios / Solos (1972)
A1. Brujo (Ralph Towner) 5:34
Towner/Moore
A2. Winter Light (Ralph Towner) 3:34
Towner
A3. Noctuary (Glen Moore, Paul McCandless, Ralph Towner) 2:22
McCandless/Moore/Towner
A4. 1x12 (Ralph Towner) 2:48
Towner
A5. A Belt Of Asteroids (Glen Moore) 6:37
Moore
B1. Re: Person I Knew (Bill Evans) 6:18
Towner/Moore
B2. Suite: 3x12 (Ralph Towner) 7:12
Towner
B3. Raven's Wood (Ralph Towner) 5:19
Towner/Moore/McCandless
B4. Reach Me Friend (Ralph Towner) 3:24
Towner
Ralph Towner(g,p), Glen Moore(b), Paul McCandless(oboe), Collin Walcott(tabla)
Cover Design: B & B Wojirsch
Recording Engineer: George Klabin
Mixed by Martin Wieland
Photograph: H. Paysan, Ken Kay
Producer: Manfred Eicher
Release: 1973
Recorded November 27-28 1972 at Sound Ideas Studio, New York City.

Made in Germany記載はオリジナルじゃない、そうだ