Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Olivier Boge: The World Begins Today (2013) 今時のジャズ

 今時のジャズなんだろうな、と思って聴いている。ブログには上げていないのだけど、一時、クルマのなかではジョウシャ・レッドマンのJames Farmばかり聴いていた時期があるのだけど、同じような空気感をたたえている。瑞々しく、美しく、それでいて抑制的にもきこえるビートが、ときどきツボを打つ。実に爽やかな快感に満ちた音。

 クレジットを確認したのは、そんな音を聴いた後。リーダのフランス人は知らないのだけど、ティグラン・ハマシャンとジェフ・バラードか、なるほど。個々の演奏の良さ、も、あるのだけど、むしろグループでの表現が豊かで、それを個々の奏者がしっかり、かつ抑制的に演じている、感じ。

 実は近所の方に教えてもらった一枚。最近はECM周辺を老人のように徘徊している日々なので、新譜は休み気味。ありがたい。

 

--------------------------------------------------------------------------

Olivier Boge: The World Begins Today (2013, Naive)
1. Poem
2. World Begins Today
3. Be Kind
4. Rising Lights
5. Dance of the Flying Balloons
6. Little Marie T., The
7. Relieved
8. Inner Chant
9. Seven Eagle Feathers
Olivier Boge(as, ss, Voices, p), Tigran Hamasyan(p), Sam Minaie(b), Jeff Ballard(ds)