Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

音響装置について(ジャズ喫茶、のようなもの@cowry coffee)

 記録として、メモ。

レコードプレイヤー:Kenwood KP9010

・30年近く前から使っている。トーンアームの中の配線が切れたので、中古で買い直したもの。

カートリッジ:DENON DL-103

・定番のMC。実はモノラルカートリッジも準備しようと思ったが。ステレオの配置上、うまく接続できないことが分かって、今回は断念。次回の課題。

トランス:Craft TS-26

プリアンプ:McIntosh C22

・クラシックな真空管アンプ。ただし、持ってるのはレプリカ。最近、知人にメンテナンスをしていただき、とても良い音で鳴っている。

メインアンプ: Luxman MQ-80

・亡父の遺品。実は今回初めて聴いた。これも重厚な真空管アンプ。

スピーカ:Tannoy Arden

・これはcowry coffeeのもの。このスピーカの音に魅せられて、こんなことをやっている訳で。

・そしてcowry coffeeの喫茶室

大工さんが丹精を込めてこしらえた建物、そのものが作り出すアコウスティックな空間、そして特に欧州のレコードが持つ、「あの不思議な空気感」と違和感なく馴染む犀川奥の静かな大気、が本当の主役じゃないか、と思うのだ。