Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

 ジャズ喫茶、のようなこと@cowry coffee (1月17日)

 金沢下辰巳にあるcowry coffeeは、木造のアコウスティックな空間にTannoy Ardenを置いていて、建物全体で響かせるような良さ、がある。決してジャズ喫茶ではなく、カフェではあるのだけど、店主の門脇君の選盤はアコウスティックな響きを愉しませるものが多い。

 そのcowry coffeeで、「ジャズ喫茶、のようなこと」を急にやってみることになった。勿論、LPレコード。12時から18時過ぎまで。ECMやMPSの西独盤とか、Blue Noteを中心とするRudy Van Gelderがカッティングした盤とか、Contemporary のRoy Dunnanが録音した盤とか、Riversideの当時の盤とか、録音が良さそうなものが中心。あまりオリジナル盤にこだわっていない(こだわれない)ので、そのような盤は多くない。念のため。

 ジャズ喫茶ではなくて、普通のカフェの普通のお客さんもいるので、ただ、そんなレコードを鳴らすオヤヂが座っていて、レコードを取っ替えているだけ。昔で云う、ジャズ喫茶のレコード係。

 気になる方は是非お越し下さい。

場所:Cowry coffee   http://cowrycoffee.blogspot.jp/ 

時間:12:00〜18:00(ラスト・オーダー)

普段通りの営業ですので、コヒーとかお菓子の注文は必要(勿論)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

持参レコードリスト(結局、沢山ピックアップしたなあ)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

13:30〜15:30 米盤で聴くモダン・ジャズ
・極力、当時に近いプレスで(映画ネタのモニカだけは日本盤)。米盤の音は限界まで詰め込んだようなダイナミックなもの。RVGはルディ・ヴァン・ゲルダーがカッティングしたレコード(刻印ある)、RDはロイ・デュナン録音。
12:00〜13:30 ECMの現代音楽
・客が少ない時間にちょっと変なものを。後述のようにECMの音世界と現代音楽は良く馴染んでいる。レコードは全て西独盤。
- Arvo Pärt
Tabula Rasa (ECM)
- Meldith Monk
Dolmen Music (ECM)
Do you be(ECM)
- Steve Reich
Music For 18 Musicians(ECM)
Tehillim (ECM)
- Keith Jarrett
G.I. Gurdjieff: Scared Hymns(ECM)
Arbour Zena(ECM)

13:30〜15:30 米盤で聴くモダン・ジャズ
・極力、当時に近いプレスで(映画ネタのモニカだけは日本盤)。米盤の音は限界まで詰め込んだようなダイナミックなもの。RVGはルディ・ヴァン・ゲルダーがカッティングしたレコード(刻印ある)、RDはロイ・デュナン録音。

- Sonny Rolling
A Night at the Village Vanguard (Blue Note, RVG)
- Miles Davis
Relaxin'(Prestige, RVG)
Someday my prince will come (Columbia)
My funny Valentine (Columbia)
Kind of Blue (Columbia)
- John Coltrane
Blue Train (Blue Note, RVG):Stereo, Mono
- Kenny Dorham
Una Mas (Blue Note, RVG)
- Wayne Shorter
Speak No Evil (Blue Note, RVG)
Native Dancer (Columbia)
- Stan Getz
Getz Gilberto (Verve)
Sweet Rain (Verve, RVG)
The Best of Two Worlds (Columbia)
- Nat King Cole
Piano Classics (Capitol)
- Thelonious Monk
Solo (Vogue)
Plays Duke Ellington (Riverside, RVG)
- Shelly Manne
My fair lady(Contemporary,RD)
- Andre Previn
West side story(Contemporary,RD)
- Red Garland
At the Prelude (Prestige, RVG)
- Bill Evans
New Jazz conceptions (Riverside)
Waltz for Debby (Riverside):Stereo, Mono
Undercurrent (UA)
Trio '65(Verve, RVG)
Waltz for Debby with Monica Zetterlund (日Phillips)
The Tony Bennett / Bill Evans Album(Fantasy)
- Cannonball Adderley
Know what I mean? (Riverside)
- McCoy Tyner
Plays Duke Ellington (Impulse, RVG)
- Herbie Hancock
Speak like a child (Blue Note, RVG)
- Denny Zeitlin
Cathexis (Columbia)
- Barney Kessel
Poll Winners(Contemporary, RD)
- Jim Hall
Jazz guitar (Pacific Jazz)
- Matt Denis
Play and sing (KAPP)
- Lambert, Hendricks and Ross
High Flying with LHR (Columbia)
- Donald Byrd
Fancy free (Blue Note, RVG)
At the Half Note Cafe 2 (Blue Note, RVG)
- The 3 sounds
Moods (Blue Note, RVG)
- Barry Harris
At the Jazz workshop (Riverside)

15:30〜16:30 欧州のレコード盤で聴くジャズ
・米盤のダイナミックな音にくらべると鋭角的な、そして音と音の間の空間が見えるような音。
- Joe Pass
Virtuoso (Pablo, 西独盤)
- Jim Hall
In Berlin (MPS, 西独盤)
- Michel Petrucciani
Michel Petrucciani (OWL, 仏盤)
Cold Blues (OWL, 仏盤)
Toot Sweet (OWL, 仏盤)
- Singers Unlimitted
In tune (MPS, 西独盤)
- René Urtreger
Urtreger Michelot Humair (Carlyne、仏盤)
- Bobo Stenson
Very Early (Dragon, スェーデン盤)
- Chet Baker
Diane (Steeple Chase,デンマーク盤)
The touch of your lips(Steeple Chase,デンマーク盤)
-Paul Bley
Paul Bley/NHOP(Steeple Chase,デンマーク盤)
-Louis Stewart
I thought about you (Livia, 英国盤)

16:30〜18:30 ECMの音世界(西独盤LPレコードで)
・欧州盤の音の美質を昇華させたようなECMの音。アイヒャーのプロデュースによる残響音の効果的な付加が、奏者が創る音世界以上の世界観を創りだしている。
-Keith Jarrett:
Koeln Concert
My Song,
Paris Concert
Standards live
- Chick Corea:
Piano improvisations
A.R.C.
In Concert, Zurich, October 28, 1979
- Paul Bley
Open to love
- Steve Kuhn
Trans
Playground
- Stanley Cowell
Illusion Suite
- Art Lande
Desert Marauders
- Ralph Towner/Oregon
Diary
Crossing
Matchbook
- Terje Rypdal
Terje Rypdal/Miroslav Vitous/Jack DeJohnette
- Barre Phillips
Journal Violone II
- Gary Peacock
Tales of another
Shift in the wind
- Dave Holland
Conference of the Birds
Life Cycle
- Miroslav Vitous
Miroslav Vitous Group
Charlie Haden
Magico
- Kenny Wheeler
Gnu High
- Enrico Rava
The Pilgrim And The Stars
- Eberhard Weber
The Following Morning
- Egberto Gismonti
Danca Das Cabecas
− Takashi Kako
Paradox (Japo)