Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Vanessa Moreno e Fi Marostica: Vem Ver (2014) 柔らかい声とベースのデュオ

 最近買うCDは南米音楽が多い。だから神楽坂の大洋レコードから定期的にメイルマガジンが届くのだけど、読むと聴きたいアルバムが増える難がある。すぐ手が出てしまう。このアルバムも、そんなことで入手。ジャケットの写真がとても良くて、音が想起できるような柔らかな光に包まれている。決して、射すような光ではなくて、包み込むような光。だからweb上のジャケット買い。

 このアルバムはヴァネッサ・モレーノのヴォーカルと、フィ・マロスティカのベースのデュオ。二人で気儘に音を合わせていくような感じが気持ちよい。それにも増して、ヴォイスとベースで造られる音そのものが、とても面白い。ポップなインプロヴィゼーション、って感じ。十分ジャズ的な味がいっぱいで、この手の南米音楽を聴く愉しみに溢れている。 

 それにしても、とても好みの音。LPレコードに熱中したのは、奏者と聴き手の距離感の近さ、リアリティに尽きるのだけど、最近のCDも多くはそのような音になっているように思う。CDの世界で、どのような技術革新があったのだろうか。不思議なものだ。

 

-----------------------------------------------------------------------------

Vanessa Moreno e Fi Marostica: Vem Ver(2014, Taiyo)
1.Conversa De Botequim (Noel Rosa/Vadico)
2.Vem Ver 2 (Sergio Santos)
3.Araripe Ararat(Chico Saraiva/Mauro Aguiar)
4.Relatividade (To Brandileone/Celso Viafora)
5.Um De Tres (Vanessa Moreno/Paura Mirhan)
6.O Galho E A Roseira (Saulo Ligo)
7.Pacoca, Costelinha E Ovo Frito (Rafael Alterio/Rita Alterio)
8.Beirando (Vanessa Moreno/Fi Marostica)
9.Seiva (Fi Marostica/ Marcos Alma)
10.Banze De Cuia (Rafael Alterio/Rita Alterio)
11.Visao Do Mar (Fi Marostica/Ellen Fernandes)
12.Zimbadogue (Vanessa Moreno)
13.Desse Lugar (Vanessa Moreno/Ellen Fernandes)
14.Neneca (Debora Gurgel/Dani Gurgel/Thiago Rabello)
15.Na Casa De Clara (Fi Marostica)
16.Lugar Comum(Joao Donato/Gilberto Gil)
17.Expresso 2222 (Gilberto Gil)
Vanessa Moreno(vo), Fi Marostica(b)
Guests: Sergio Santos (vo,g on 2), Chico Pinheiro (g on 4), Ze Pitoco (zabumba on 5,7), Larissa Finocchiaro (vo on 5,15), Gabriel Alterio (palmas, drs on 6,12), Rafael Alterio (vo, palmas on 6,7,10), Ari Colares (per on 9,13), Rafael Mota (per on 11), Thiago Monteiro (p, vo on 12,15)