Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Alexandre Andres: Olhe Bem As Montanhas (2014) ミナス・ミナス・ミナス


 ブラジル・ミナスのSSW。ほんの数ヶ月前に知ったアントニオ・ロウレイロで、改めてミナスの音に惹かれている。30年以上前にミルトンに強く惹かれたこと、を想い出している。

 唄い手の声、そしてそれに載る旋律のうごめき、それらの何処に惹かれるのか、うまくコトバにできない。だけど、確かに「あの頃」と全く同じ気持で惹かれている。

 当時のミルトン以上に、ロウレイロ、そしてこのアルバムのアレシャンドリ・アンドレスはジャズともブラジル音楽ともいえない、それらを混然と止揚したオト。アリゼンチンのアギューレよりは、やや温度は高く、しかし微温の感触は失っていない。やや都会的な洗練さ、よりは大地や風の匂いが強い。心地よい荒さ、のような味わいが魅力。おそろしくジャズ的気持ちよさと、南米的気持ちよさを押し続けるのは凄いことだ。昔のMPBと比べ、音の純化と複雑化が同時進行しているような。

  結局、うまくコトバにできていないことに気がついたので、「聴いてみて欲しい」と思う。1970年代のジャズの魅力の「ある部分」を受け継ぎ、深化・進化を続けている音楽がある。

ここで試聴できます。

------------------------------------------------------------------

Alexandre Andrés: Olhe Bem As Montanhas (2014, Independent)
1. Cara a cara (Alexandre Andrés/Bernardo Maranhão)
2. Carretel (Alexandre Andrés/Bernardo Maranhão)
3. Madrugada (Alexandre Andrés/Bernardo Maranhão)
4. Alnilam (Alexandre Andrés)
5. Campo das vertentes (Alexandre Andrés)
6. Sinos (Alexandre Andrés/Bernardo Maranhão)
7. Olhe bem as montanhas (Alexandre Andrés/Bernardo Maranhão)
8. MAPA (Marco Antônio Guimarães)
9. Silva (Alexandre Andrés/Bernardo Maranhão)
10. Nem tambores, nem trombetas (Alexandre Andrés/Bernardo Maranhão)
Alexandre Andrés (vo, g, fl), Rafael Martini (p, vo) , Pedro Santana (b, vo) , Adriano Goyatá (ds, glockenspiel)