Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Pierre-Laurent Aimard: Ligeti/Works for Piano (1997) 明け方にみる夢の色は

 ほんとうに長い間、夢をみるという「感触」のようなものを喪失していた。ある年頃までは、現実感のある、いや現実以上に生身の自分を露出したような記憶ともに、しっかりとした夢の残滓のようなものが、明け方の枕の横に転がっていたと思う。

 だから、ある時期、その夢の味を舐め尽くそうと、夢が辿った軌跡を文字に置き換えていったことがある。残照の頃に、山あいの道をあるいていて、遠くに浮かぶ駐在所の赤い玉のような灯が次第に近づくことを恐れていたような、時間。そんなものが、幾重にもノートの頁に積み重なっていった。確かに、うつつの儚さと対照的にゆめの確かさ、を知ってしまった。

 だから自分の中心軸がうつつにあるのか、ゆめにあるのか、そんな戸惑いや困惑が日々深まっていった。だから一月足らずで、そんなことは止めてしまった。堅い夢の記憶だけが、30年以上固着している。そして、それから夢をみるという「感触」をゆっくりと失っていった。

 この地に引越して数年、不思議なことに、その「感触」が僅かに戻ってきている。眼に見えない、もう一つの世界、が次第に大きくなっている。

 数日前、もう一つの金沢を歩いた。駅前には活気のある明るいビルディングが並んでいる。交通量も多い。空気の透明度は高く、光りが煌めいている。ボクは友人を探していた。洒落た店が並ぶ小さな通りを尋ね歩いた。だけど、通りにも、店にも誰も居ない。次第に焦りを感じて、小走りで探す。靴先が路面に当たり、倒れそうになった。窓を叩く雨音で目が覚めた。

 

 そんな夢の「感触」、のようなものを、ふっと感じたいときがある。ボクが現代音楽を聴いているのは、そんなとき。うつつの音とゆめの音の境界を探るような快感がある。

 このエマールが弾くリゲッティの曲は美しく、妖しい。細分化された音の糸のようなものが流れていく。そして糸の一本一本にみたことがないような彩色が施されている。水を感じる。流れる水。その水を眺めていると、音の糸のようなものが細流のように見える。そのような思考手順を繰り返し、次第に淡いカタルシスを獲得していく。

 梅雨のお仕舞い方、時折、雷鳴のようなものもきこえる明け方にみる夢の色は、いったいどんなものだろう。そんな意味のないものを思い浮かべている。それが、この「手」の音楽を聴くときの、麻薬的な愉悦じゃないかなあ、といつも思う。

 

 

----------------------------------------------------------------

Pierre-Laurent Aimard:  Ligeti/Works for Piano (1997, Columbia)
    1. Piano Etudes (Book One): I. De'sordre - Molto vivace, vigoroso, molto ritmico
    2. Piano Etudes (Book One): II. Cordes a' vide - Andantino con moto, molto tenero
    3. Piano Etudes (Book One): II. Touches bloque'es - Presto possibile, sempre molto ritmico
    4. Piano Etudes (Book One): IV. Fanfares - Vivacissimo molto ritmico, con allegria e slancio
    5. Piano Etudes (Book One): V. Arc-en-ciel - Andante molto rubato, con eleganza, with swing
    6. Piano Etudes (Book One): VI. Automne a' Varsovie - Presto cantabile, molto ritmico e flessibile
    7. Piano Etudes (Book Two): VII. Galamb borong - Vivacissimo luminoso, legato possibile
    8. Piano Etudes (Book Two): VIII. Fe'm - Vivace risoluto, con vigore
    9. Piano Etudes (Book Two): IX. Vertige - Prestissimo sempre molto legato, sehr gleichmassig
  10. Piano Etudes (Book Two): X. Der Zauberlehrling - Prestissimo, staccatissimo, leggierissimo
  11. Piano Etudes (Book Two): XI. En suspens - Andante con moto, (avec l`e'le'gance du swing)
  12. Piano Etudes (Book Two): XII. Entrelacs - Vivacissimo molto ritmico, sempre legato, con delicatezza
  13. Piano Etudes (Book Two): XIII. L'escalier du diable - Presto legato ma leggiero
  14. Piano Etudes (Book Two): XIV. Coloana infinita' - Presto possibile, tempestoso con fuoco
  15. Musica ricercata: I. Sosenuto - Misurato - Prestissimo
  16. Musica ricercata: II. Mesto, rigido e cerimoniale
  17. Musica ricercata: III. Allegro con spirito
  18. Musica ricercata: IV. Tempo de Valse (poco vivace - a' l'orgue de Barbarie)
  19. Musica ricercata: V. Rubato. Lamentoso
  20. Musica ricercata: VI. Allegro molto capriccioso
  21. Musica ricercata: VII. Cantabile, molto legato
  22. Musica ricercata: VIII. Vivace. Energico
  23. Musica ricercata: IX. Adagio. Mesto - Allegro maestoso
  24. Musica ricercata: X. Vivace. Capriccioso
  25. Musica ricercata: XI. Andante misurato e tranquillo
  26. Piano Etudes (From Book Three): XV. White on White
Pierre-Laurent Aimard(p)