Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Fusion For Miles: A Guitar Tribute(2005) 眩暈がするような豪華なギター弾きたち

 眩暈がするような豪華なギター弾きたち、のアルバム。全般的に70年代マイルスの空気で、1960年代から1980年代までの楽曲を取り上げている。それぞれの曲で弾くギター奏者はMike Stern、Bill Frisell 、Bill Connors、Pat Martino、Bireli Lagreneなど。このCDを発売当時見つけたときは、凄いって感覚と、ピート・コージーが入っていない残念さ。

 どの曲も当時のマイルスの空気を十分感じさせるもので,驚くのは1950年代から1960年代の楽曲もそのような同じ色での処理がなされていること.スターンとフリーゼルの曲が良かったなあ。彼らの個性とマイルスの世界のせめぎ合い、が面白い。最近は「穏健な浮遊派」になったフリーゼルがキツく弾いて聴かせてくれることが嬉しいなあ。

 

 

---------------------------------------------------------

Fusion For Miles: A Guitar Tribute(2005, Tone Center)
   1. Black Satin    - Jimmy Herring
   2. Splatch        - Jeff Richman
   3. Jean Pierre    - Eric Johnson
   4. So What        - Mike Stern
   5. Nefertiti      - Bill Frisell
   6. Eighty One     - Bill Connors
   7. Serpent's Tooth        - Pat Martino
   8. It's About That Time   - Warren Haynes
   9. Back Seat Betty        - Steve Kimmock
  10. Spanish Key.   -  Bireli Lagrene
Dave Liebman(ts), Larry Goldings(key),Jeff Richman(g), Alphonso Johnson(b), Vinnie Colaiuta(ds)