Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Steve Reich: Music for 18 Musicians (1978) 窓の外に降る雪を眺めていると

 冬の光景を眺めているような音楽だ。灰色の空と云ってしまえば、その細部に宿る美しさのようなものは見えない。そうではなくて、僅か視野角数度のなかに収まる淡い黒煙のような雲が現れたり消えたり、雲が割れた南の方角から光が漏れ出したり、寺町台地の上に漂う小さな陰翳をみつけたり、何時も飽きさせない。

 ライヒの音楽、ミニマル、は総じてそうなのだけど、このMusic for 18 Musiciansを聴くと、後年のElectric Counterpoint / Different Trainsなんかと比べても、その感覚が強い。恐ろしく単調に聴こえる繰り返しのなかで、浮かび上がる小さな音の塊が流れ、そこへの意識の集中が、同じであることではなくて、僅かな違いが色彩感を生み出すことに気付かされる。その心理的な効果が極大化されたような、演奏だ。 

 窓の外に降る雪を眺めていると、その色彩感の在り方、の近さ、に想いが至った。殆ど何も変わっていないような冬の金沢の風景。しかし、僅かな差異に気持を乗せていくと感じる色彩感の豊かさ、のようなものに暫し心を奪われることがある。ミニマルな時間を過ごす感覚なのだ。

 あ、紹介してくれた金沢の若きECMフリークK君ありがとう。またいろいろ教えて!

 

-------------------------------------------------------------------------------------------

Steve Reich: Music for 18 Musicians (1978, ECM)
   1. Pulse - Sections I-X - Pulse
Steve Reich(comp, p, marimba), Shem Guibbory (vln), Ken Ishii(cello), Elizabeth Arnold, Rebecca Armstrong, Pamela Fraley (vo), Nurit Tilles, Steve Chambers(p), Larry Karush (p, maracas), Gary Schall (marimba, maracas), Bob Becker (marimba, xylophone), Russ Hartenberger (marimba, xylophone), Glen Velez (marimba, xylophone), James Preiss (metallophone, p), David Van Tieghem (marimba, xylophone, p), Virgil Blackwell, Richard Cohen (cl, b-cl), Jay Clayton (vo, p)