Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Elvin Jones is "On the Mountain" (1975) 1970年代中盤の先端部

 1975年ってマイルスのアガルタの年で、ハービーの洪水も。ジャコが入る前で、ファンクなWRが最先端という時分。その頃のエルヴィンのアルバムなのだけこ、なかなか先端部に突っ込むような演奏。ヤン・ハマーのシンセサイザとのインタープレイが圧巻で、一気に表裏を聴き通してしまった。うん、凄い。この時点で過去の人では決してない。

 このレコードはベース奏者ジーン・パーラのレーベルPMから出されている。何といってもデイブ・リーブマンのOpen skyが印象的なレーベル。ドン・アライアスのアルバムも良かったなあ。決して有名で評価の定まったアルバムでもないと思うけど、キラっと光るPMレーベルの味わいって、1970年代の苦みをしっかり感じさせてくれるイイものなのだ。

 それにしてもヤン・ハマーは格好いいなあ。マハヴィシュヌ・オーケストラがピンとこなかったから、あまり縁がなかったのだけどね。

 

 

-------------------------------------------------------------------

Elvin Jones is "On the Mountain" (1975, PM)
   A1. Thorn of a White Rose
   A2. Namuh
   A3. On the Mountain
   B1. Smoke in the Sun
   B2. London Air
   B3. Destiny
Elvin Jones(ds),  Jan Hammer(key), Gene Perla(b)