Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

淡い光溢れる乾期のバンコク


 この季節のバンコク、淡い光溢れる乾期のバンコク、 は天国、だと思う。日中30℃、夕暮れの後は25℃。乾期で湿度がとても低い。光が心なしか淡く感じる。乾いた風が体を爽やかに抜けていく。そんな日曜日の昼間にビールを呑みながら過ごす時間は、忙しかった日本の日々を急速に遠いものにする、ような錯覚のなかにある。
 だから何をする訳でなく、風に吹かれながらSingha Beerを呑んでいるだけで、シアワセな気持ちになれる。そんな訳で、昼過ぎからSoi 12のCabbages and Condomsへ。中庭で緑色の光が漏れるなかで、ビールを呑む。ゆっくりと時間を気にしない。風が吹く。
 人が優しいタイなのだけど、11月から12月は気候がそれ以上に優しい、本当に天国なのである。
 
バンコクは天使の街、と云われる。この天使はキリスト教のものでなく、タクラマカン沙漠の仏教壁画「翼の天使 」にあるような、宮澤賢治の童話をインスパイヤしているもの、が飛んでいるような気がする。)

Cabbages and Condomsの中庭

緑の光が漏れる

Singha Beer

グリーンカレーと春雨の海老出汁煮

パッタイ(焼きそば)

スクムヴィット

大好きなsoi 11