Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

James Blood Ulmer: Free Lancing (1981) えいっ、とカラダを取り戻す

えいっ、とカラダを取り戻す必要がある。美音に持って行かれた、から。

そんなときの音のクスリはBlack Musicじゃないかな、と思う。それも、イカレた音楽がいいと思った。

思い出したのはJames Blood Ulmer。これは、Columbiaへの第一作。それまで、Artist HouseとかRough tradeのようなマイナ・レーベル主体だったから驚いた。

オーネット傘下のイカレたギター奏者をColumbiaから出すかね? 勿論、数作で撤収となったが、痛快な出来事だった。

オトも痛快。すかっと抜けたようなフリー・ファンク。アミン・アリのベースラインがまた良かった。(ボクはタクマより好きだった)

という訳で日曜の午後は「薬」代わりにウルマーを聴いている。

それにしても、この頃(1980年頃)のジャズは毎月のように、こんな変な音楽出てくるので、雑誌やレコード屋から眼を離せなかった。本当に針を下ろすまで、ドキドキしたからね。最近ののんびりした感じと隔世の感、ありあり。

 

----------------------------------------------------------------

James Blood Ulmer: Free Lancing (1981, Columbia)
   A1. Timeless
   A2. Pleasure Control     
   A3. Night Lover
   A4. Where Did All The Girls Come From?
   A5. High Time     
   B1. Hijack     
   B2. Free Lancing
   B3. Stand Up To Yourself     
   B4. Rush Hour
   B5. Happy Time
 James Blood Ulmer(g, vo), Amin Ali(b),  G. Calvin Weston(ds)
Ronnie Drayton(g), Diane Wilson, Irene Datcher, Zenobia Konkerite (vo), David Murray (ts), Oliver Lake(as),  Olu Dara (tp)