Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

浅川マキ:幻の女たち(1988) 真夜中に聴く遠い記憶の残滓

 真夜中と夜明けの間に帰宅したら、その時間の開封が似つかわしいアルバムが届いていた。

 疲れていたボクには、幻が女なのか、女が幻なのか、分からなかった。

 ただ、真夜中に聴く遠い記憶の残滓、のような、

 存在していないオトを聴くような不思議な感覚だけ残った。

 間違いなく、録音されたそのときから、幻のようなアルバムだったのではないか。

 だからやっぱり、午前3時前のポストから包みを取り出したボクは、時機にかなっていたような、嬉しい気持ちになった、

 って、やっぱり夜明け前に、ぼんやりでも考えるコトじゃないよね。

 紫煙を揺らすかわりに、淡い九谷焼の器に入れた、濃いヴェトナム・コーヒーの匂いと、溶かし込んだコンデンスミルクの甘ったるい感触を伴に、いつまでも聴いていたいような気持ちになった。

 そして、いずれボクも幻となること、あたりまえのことなのだけど、それをぼんやりと考えていた。

 

-------------------------------------------

浅川マキ:幻の女たち(1988,東芝)
  1.ネオン輝く日々
  2.夜の匂い
  3.メッセージ
  4.ジン・ハウス・ブルース
  5.あなたに~カスバの女~Shanghai
  6.La Valse
  7.エトランゼ
  8.放出したエナジー
  9.Rapsodie De La Russie
 10.男からの声
浅川マキ(vo),本多俊之(sax,key), Bobby Watson (b), Tristan Honsinger (cell) ,横山達嗣(perc)