Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Nik Bartsch: Stoa (2005) 果てなく循環する音のなかで

 今週のはじめ、御茶ノ水のディスク・ユニオンへ出かけて買ったCDの1枚。安かったからね。このStoaより後年のアルバムHolonを聴いて何となく気にしている奏者。ミニマル的な音の繰り返しに、リズムを乗せている極く単純な音の連鎖。

 だけど、果てなく循環する音のなかで、熱くならないような昂奮が少しずつ高まっていく。浅いトリップ感のなかで、その単純な音や、音と音の隙間が思わぬ美しい煌めきを見せつける。単純なリズムの打ち込みから、僅かな逸脱が作り出す脱力するような愉悦。感情の基層がこそばく楽しい。

 理知的え精緻な音の仕組みが、始原の感情を沸きたてることが面白,可笑しい。もう少し聴きたいな。

 

 

-----------------------------------------------------------------

Nik Bärtsch:Stoa(2005,ECM)
   1. Modul 36
   2. Modul 35
   3. Modul 32
   4. Modul 33
   5. Modul 38_17
Nik Bärtsch(p, etc), Björn Meyer(b),Kaspar Rast(ds),Andi Pupato(perc)