Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Agustin Pereyra Lucena: La Rana (1980) すこしだけ長い休憩が欲しい気分で

Agustin Pereyra Lucena: La Rana (1980)
   1. 3 Horas Da Manha
   2. Samba Do Aviao
   3. Tema Medieval
   4. Despues De Las Seis
   5. Tema Barroco
   6. La Rana
   7. Pra Que Chorar
   8. Encuentro de Sombras

 もうかれこれ2月くらい、週の後半から週末をあちこちにでかけて過ごしている。澱のように疲れが沈殿しているように感じる。金澤から動きたい訳ではないのだけど、守りの姿勢を欠いていると、そんなことになっている。元来の運動量が大きいので、消したと思っている慣性力が顔を出してしまうのだ。

 そんなことで、すこしだけ長い休憩が欲しい気分で一杯。そんな気分で過ごしていると、なぜかアルゼンチンの音が気分とぴったり。ラテン音楽というと、暑い地域の音楽というイメージがあるのだけど、こえは温帯のラテン音楽。音の温度が気分とぴったりなのだ。冬に聴くには丁度。これは少し古いアルバムで、アルゼンチンの「ボサノバ系奏者」Agustin Pereyra Lucenaが渡欧時に吹き込んだもの。だから、小編成で小粋な感じで巧く仕上がっている。

 なんとなく年末でキモチにお休みが欲しくなったときに、ちょっと聴いてみてください。程よい距離感で楽しく聴くことができます。そんなことを羽田のラウンジで書きながら、これから西に向かいます。ふう