Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Eric Dolphy: In Europe vol.1 (1961) どこに向かって飛んでいくのか


Eric Dolphy: In Europe vol.1 (1961, Prestige)
   A1. Hi Fly
   A2. Glad To Be Unhappy
   B1. God Bless The Child
   B2. Oleo
Eric Dolphy (fl,bcl), Bent Axen (p), Chuck Israels (b), Erik Moseholm (b), Jorn Elniff (ds)

ボクはアルト・サックスはあまり聴かない。なんとなく、あの軽い音が好みにあわないのだ。スィング時代の花形であるクラリネットも同じ理由でモダンジャズでは顧みられなくなったが、アルト・サックスもその係累にかかっているのだ。

例外的にドルフィーのアルトはとても好きなのだけど、よく考えるとアルトの限界を心得ていて、折々にフルートとかバス・クラリネットを吹いて、あの底抜けな金管の音をカヴァーしていたのではないか。ドルフィーはアルト吹きとなっているので、このブログでの分類をそうしているが、実はこのアルバムではフルートとバス・クラリネット。それが好きで、ときどき針を下ろす。A面はフルート。B面はバス・クラリネット

その当時、珍しいと思うのだけど、フルートとベースのデュオではじまる。ランディ・ウェストンのハイ・フライ。時として漂い、時として咆哮しながら音が飛翔するような瞬間がある。どこに向かって飛んでいくのか?しかるにウェストンの原曲の良さも損なっていない。良い意味で伝統的であり、その内包するオトの飛翔感が実に楽しい。マイルスにしてもドルフィーにしても凄いなあと思うのは、音空間のなかでの存在感が圧倒的で、ドルフィーしか聴こえてこない。だからこのアルバムのような印象が比較的薄い奏者たちが丁度よいのだ。ドルフィーのソロが堪能できる。

彼が活躍してから50年。マイルスとともに、いやマイルス以上に色褪せない現代性を保持し続けるドルフィーの存在は、ボクのなかで未だ大きいのだ。