Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

清水靖晃 北京の秋 (1983) 喚起されたイメエジ


清水靖晃 北京の秋 (1983)
   1. JUST ONE OF THOSE THINGS
   2. NIGHT AND DAY
   3. I’M A FOOL TO WANT YOU
   4. I’LL REMEMBER APRIL
   5. SOPHISTICATED LADY
   6. IF I SHOULD LOSE YOU
   7. AS TIME GOES BY
   8. EVERYTHING HAPPENS TO ME

   北京の秋は、蒙古高原から張り出した高気圧の下にあって、抜ける程深く蒼い天蓋に覆われる、というのを何かの本で呼んだ記憶がある。

   あの大きな紫禁城も、イメエジのなかでは小さな点景となって、俯瞰されている。

   いつか見たナショナル・ジオグラフィックの古い写真、北京の西の果てにある城門から出て行く駱駝の隊列。張家口のほうへ向かい砂塵の彼方へ消えていく。

   そんな光景は清朝から民国までのことなのだろう。

   ボクがはじめて仕事で行ったときは人民服すら見かけず、人民帽は毛沢東バッチとともに露店の土産物。文化大革命すら遠い過去。もう胡同も消えてしまっている。

   その代わりに近代化の証しのように排ガスに覆われていた。肌寒い秋だったのに。 そんなことを想い出すようなタイトルのアルバム「北京の秋」。古い映画を観るような甘い音楽がわざとらしく並べられている。フェイクなムード音楽。そんなことをふっと思いだしながら聴いている。