Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Bangkok「Wanakarm」 降ったり止んだりのBangkokの雨期に


 昨日は部屋で本を読んで過ごしていた。冷房をつけなくても涼しいし、時折、廊下で炊かれている香料の匂いが漂い気持ちよい。そんな午後、次第に雲が増すのをホテルで眺めていた。夕方から散歩を​してみたら湿度が次第に沸点に向かっていることがわかった。気がつくと、大気が乱れ、そこはかとなく風が舞い、埃っぽい匂いが満ちて来た。夕立が来るのかな、と思った。西の空に黒雲が立ちこめてきた。Asokの交差点まで小走りで移動して、禁酒日でも呑ませてくれる店に入って雨宿り。昨日今日は「ご禁制」の筈のシンハービールを頼む。可​愛い店員は、昨日のお友達は、と笑いながら聞く。今日は独り、って言ってから​、雨の雑踏をぼんやり見ながら呑むビールも悪くない。行きたいと​思ったヴェトナム料理屋は閉店。さて、どうしようか、と考えていた。

 

 

 雨が上がった​後、Asokの交差点をぼんやり眺めていたら、すごく違和感を感​じた。そう、衣装を固めた自転車が走って来たから。はじめてじゃ​ないかなあ、こんなヒトを見かけたのは。バンコクで。そして友人と落ち合って、お目当てのヴェトナム料理屋の代わりの店に向かって歩いた。Soi21沿い。バンコクの歓楽街"Soi Cowboy"もお釈迦様の宗教的祝日なのでお休み。"another good place"案内を狙う客引き、タクシーがうろうろしていた。

 

 幼い頃、犬に飛びつかれたことがある。爾来、そのショックが残​っていて、犬を見ると反射的に飛び上がってしまう。子供の頃、オ​バQにそこはかとないシンパシーを感じたものだ。不思議な事に、バンコクの路傍に佇む野良犬のような飼い犬なの​か、飼い犬のような野良犬がたくさん居るのだけど、全く殺気がな​い。路傍にころがっているオヤジと同じ。だから犬の横を平気で歩​ける。不思議。横から友人のSさんが「狂犬病持ってるかもしれな​いし、危ないですよ」と云われて、改めて平気な自分に驚いた。

 

  

 

 

 結局、soi21とsoi23の間にあるWanakarm​で食事。取引先と行った美味しいタイ料理屋が​あったことを思い出し、探した。これがその料理屋。シックなコロ​ニアル風の建物でゆっくり食事ができた。看板のどんぶりマークは​「王族のグルメ氏」が食べ歩きで「うまい」と思った店を認証した​印だそうだ。確かに味は本格的にspicyだったし、ビールも​呑めたし、とても美味しい時間を過ごす事ができた。

 

 

 昨夜食べたなかで美味しかったのは写真左の海老出汁グリーンカレー​と茄子のサラダ。アユタヤでとても美味しい海老出汁グリーンカレ​ーを食べてから、気になるのだけど、なかなか出会えなかった​。久々に美味しいカレーを頂いた。サラダは焼き茄子のようなモノ​にサワーをかけた簡単なものだったけど、酸味が効いてspicy​な茄子はなかなか美味しいものだった。

 

魚のすり身フライと空芯菜の炒め物

 

焼きそばに春雨

 Spicyなものばかり頂いたので、珍しくデザート。小豆のぜん​ざい、のようなもの。こちらの伝統デザート、ココナツとか、タロ​イモのような甘藷の淡い甘みで食べさせてくれるので、欧米の劇薬​甘さと違って、最後までほのぼの食事をさせてくれる。

 

 食事の最中から土砂降り。通りには人影もまばら。これだけ降って​いるバンコクははじめて。とても涼しくて28度くらい。寝るとき​もクーラーいらず快適だった。酷暑の日本に帰りたくないなあ、と改めて思った。