Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

The singers unlimitted: The Complete A Capella Sessions 無限円還のような音となって


The singers unlimitted: The Complete A Capella Sessions

A Capella I〜IIIの全33曲

[Disc 1]
   1. Both Sides Now
   2. London By Night
   3. Here, There And Everywhere
   4. Lullaby
   5. Michelle
   6. The Fool On The Hill
   7. Emily
   8. Since You've Asked
   9. More I Can Not Wish You
  10. Try To Remember
  11. Clair
  12. Killing Me Softly With His Song
  13. Yesterday
  14. My Romance
  15. Lost In The Stars
  16. April In Paris

[Disc 2]
   1. Girl Talk
   2. Nature Boy
   3. I Don't Know Where I Stand
   4. Autumn In New York
   5. Like Someone In Love
   6. Indian Summer
   7. Anything Goes
   8. The Way We Were
   9. One More Time, Chuck Corea
  10. Sweet Lorraine
  11. Jeanie With The Light Brown Hair
  12. Someone To Light Up My Life
  13. Love Is Here To Stay
  14. The Entertainer
  15. All The Things You Are
  16. Sometimes I Feel Like A Motherless Child
  17. I Wish You Love

http://itunes.apple.com/jp/album/the-complete-a-capella-sessions/id179834439 で試聴可能

  ボクはシンガーズ・アンリミテッドのアカペラIのLPレコードを2枚持っている.1枚目は大分と傷ついて雑音が多い。だから2枚目をターン・テーブルに載せている。何回聴いたのだろうか。ボクの記憶の中では、無限円還のような音となっていて、はじまりも終わりもない音が流れているだけ。40年前の録音なのだけど、この頃の独MPSレコードの音質はとても良く、透明感のある音世界を楽しむことができる。

  先日、米amazon.comをみるとアカペラIからIIIまで合わせた完全盤、70年代の収録をあわせたもの、が1000円足らずで出ていたので注文した。ほかの曲も聴きたくなったから。最初のレコードを購入してから30年以上の月日が経っている。聴いたことがある曲が多いのだけど、収録から30年から40年、潤いのある唄声とともに古典の輝きを纏いつつあるように感じた。

  改めて音楽に何か救いを求めたいときに聴く音楽、だと思う。 どこかに音楽で一杯の天国があって、その天国との糸電話のようなアルバムなのだ。