Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

John Coates Jr.: The Jazz Piano Of John Coates Jr. (1974)キースの師匠と喧伝された彼をはじめて聴いた


John Coates Jr.: The Jazz Piano Of John Coates Jr. (1974, Omni)
   A1. Love Is Enough
   A2. Tune No.4
   A3. A Minor Waltz
   B1. Deep Strings
   B2. Yesterday
   B3. Little Rock Getaway
John Coates Jr. (p), DeWitt Kay (b), Glen Davis (ds)

 30年ちょっと前にペンシルバニアの田舎のジャズバー「鹿頭亭(Deer Head Inn)」のハウスピアニスト・ジョン・コーツ・ジュニアが注目された。さらに、その10年以上前に「鹿頭亭」でドラムを叩いていたのが地元のガキ(だった)キース・ジャレット少年。だから彼がキースの師匠だったという記事。
 
 それが事実かどうかは知らないけど、そんな古い記事を想いだしたのは昨年のお茶の水や先日のニューヨークで、ジョンのLPレコードを続けて入手したから。はじめて聴いてみたのだけど、フォーク風の味がよく効いたピアノは初期のキース、ディランのマイ・バック・ページを弾いていた頃、を思い出させる。だけど、師匠とかどうとかって観点で聴いても面白くなくて、米国の片隅に無名のこんなピアニストが聴かせてくれるバーがある、ってことが何となく楽しいと思うのだ。
 
 彼は「鹿頭亭」に1962年から1992年までの30年間勤めていたようだ。「鹿頭亭」の経営が創業者から子供夫婦に代変わりしたときに、奏者は一新されたようだ。その後のハウス・ピアニストであるジョン・コーツ・ジュニアのことは分からない。
 
 彼との関係についてキースは否定的だったように、当時の記事の記憶にある。だけど後年、「鹿頭亭」でのライヴCDを出していて、それが故郷での凱旋公演のような位置づけだから、暖かい気持ちでみているに違いない。しかも演奏は1992年。そう、ジョンが「一新」されて、去った年。それに気がついたとき、何となく嬉しくなってしまった。
 
 ちなみに友人達と聴いたビートルズのyesterdayはなかなかであり、細部の荒っぽが少し残念な感じ。その他は自作曲。ピアノトリオだけど、ほとんどピアノしか聴こえてこない。よく鳴っているピアノ。聴くと気持ちの良さは伝わってきて、確かにバーのハウス・ピアニストとして、いいなあという感じ。だから呑んでいるときに、会話の邪魔にならない、ちょっと素敵なレコードって感じじゃないかな。
 
 その後の彼のことが気になった。調べたら、彼はまだ存命で、その後、CDも出している。なんとなくホッとした。ニューヨークに出かけて有名なスポットで有名なミュージシャンを聴くことも楽しいのだけど、ふらっと入ったバーで、こんなのを聴いてもいいなあと思った。

これはOminiレコードからの別のアルバムですが.......

 


最近の彼のCDはPACIFIC ST RECORDSから出ています。

PACIFIC ST RECORDSのwebに掲載されたジョン・コーツ・ジュニアの略歴とレビュー。キースがコメントしているよ。
Born In Trenton, NJ, Coates graduated from Ewing High School. In 1962 he graduated magna cum laude from Rutgers Univ. where he holds a degree in romance languages. He began playing in local clubs when he was 14, played summers at the Deer Head Inn when he was 16, and recorded his first LP for Savoy Records while still a senior in high school. He performed on the Steve Allen, Mike Douglas and Merv Griffin TV shows in support of that LP. John now resides in New York City.

His first road gig was with Charlie Ventura with whom he also recorded two albums. He then returned to the Deer Head in the summer of 1962 and played there for almost 30 years.

He was employed by Shawnee Press as an arranger and editor from 1964 until 1976. He recorded eight albums for Omnisound Records under the direction of Yoshio Inomota. He also began playing across America, Europe, Japan and Canada promoting his albums.

n 1993 John recorded the first of 5 CD's for PACIFIC ST RECORDS, PIANO FORTE. He then recorded THE TRIO SESSION with Paul Langosch on bass and Mike Smith on drums. He then released THE OMNISOUND YEARS, featuring digitally remastered recordings from his Omnisound LP's. He then recorded DUETS with pianist Eric Doney. His latest CD is with 5-time Grammy award winner, Phil Woods, entitled GIANTS AT PLAY.

REVIEWS

"A musician’s musician"... Washington Post
"Listening to him Invariably turns out to be great fun. Coates sounds only like Coates"... NY POST
"One of the most individualistic piano voices on the current scene"... DOWNBEAT
"Jazz pianist John Coates' beautifully recorded, long awaited offering is choked with treasures.. .a jaw dropper of elegant invention"... BILLBOARD
"He’s back"... Keith Jarrett
"He can swing the gates off a fence"... Phil Woods