Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Toninho Horta: Durango Kid (1993)/Durango Kid 2(1995)気持ちに風を吹き込む音

Toninho Horta: Durango Kid 2 (Big World)
   1. Aquelas Coisas Todas (All Of Those Things)
   2. Canto De Desalento (Without Hope)
   3. Dona Olimpia (Mrs. Olimpia)
   4. Saudade Da Bahia (Missing Bahia)
   5. Aqui O (Check This Out)
   6. Liana
   7. Pedra Da Lua (Moonstone)
   8. Viver De Amor (Living For Love)
   9. Litoral (The Coast)
  10. Bons Amigos (Good Friends)
  11. Meu Canario Vicinho Azul (My Neighbor Blue Canary)
  12. Amor Infinito (Infinite Love)
  13. Falso Ingles (Broken English)
Toninho Horta(g,vo) 1995年録音

今朝起きたら、ぼんやりとした空気が流れ込んでいるようで、すっかり春になったような気分で驚いた。勿論、暁を覚えなくて、すっかり日が高くなってから布団を出た。そのときの気怠い、このあたりのコトバで「ものい(憂い)」感覚が季節のギアが変わったことを知らせている。そんな早い春、になったら聴きたくなってきたのはトニーニョ・オルタの弾き語り。とても気分に合う。

このアルバムDurango Kid 2は、この十数年でいちばん聴いたアルバムかもしれない。まだ湘南に住んでいた頃に、横浜・関内のディスクユニオンで出会った。そのときの驚きは忘れられない。店のフロアでかかっていたのだけど、すっと風が気持ちに吹き込んだような感じ。一曲目のギターの疾走感にしびれるために聴くアルバム、音数で流体の速度を知るのでなく、音の流体とボクとの接触から疾走感が与えられるような感覚。

それにしても不思議な音。文章を書こうと思って正面から聴くとスルッと逃げられて掴まえられなくて、何気なくBGMとして聴いていて気がつくと気持ちが掴まれている。だから、大好きなアルバムなのにブログでアップできなかったのだ。

あとDurango Kidというアルバムも出ています。やはり弾き語り。ニューヨークのBig Worldというマイナーレーベル。ジャコ・パストリアスのブート紛いのライヴシリーズをだしている,知る人ぞ知るレーベル。

Toninho Horta: Durango Kid  (Big World)
   1. Ceu De Brasilla
   2. Vento Wind
   3. Diana
   4. Across The Universe
   5. Soccer Ball
   6. Serenade/ Ouro Preto
   7. Dreaming About My First Love
   8. For My Children
   9. Waiting For Angela
  10. Durango Kid 
Toninho Horta(g,vo) 1993年録音