Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

北國銀行武蔵ヶ辻支店3階アートグミギャラリー「mama!milk」昭和7年築のホールでPAなしの心地よい音


北國銀行ニュースリリース(2009.3.10)より

武蔵ヶ辻支店の移転オープンについて
   株式会社北國銀行(頭取 安宅 建樹)は、平成21年4月13日(月)に「武蔵ヶ辻支店」を移転オープンいたします。   
武蔵ヶ辻支店は、日本を代表する建築家 村野 藤吾氏(1891−1984)の現存する数少ない初期の作品であり、昭和7年に当行の前身である加能合同銀行の本店として建築され、昭和18年の3行合併による当行の設立時から昭和33年までの間、本店として利用していた建物であります。
       武蔵ヶ辻第四地区市街地再開発事業に伴い、平成19年10月に「曳き家」(※)を実施し、その後、全面改装を行い、来たる4月13日(月)に移転オープンさせていただくこととなりました。  移転に際しましては、「近江町市場との連携」、「地域の皆さまが集える空間」をテーマに、利用方法を検討してまいりましたが、今回、「他業態との連携」・「休日営業」を柱として利用することとしました。


北國銀行武蔵ヶ辻支店3階アートグミギャラリーに出かけた。mama!milkというウッドベースアコーディオンのデュオのユニットを聴いた。今回は、ピアノ、ホルン、クラリネット,フルートを加えた編成。浅いベースのビート感のうえに、懐かしくきこえる旋律を繰り返し畳み込んでいくバンド。ベースのアンプ以外は全くPAを使っていないので、各楽器の音がそのまま届く。ベースのアンプも控えめなので、抑揚が綺麗に伝わってくる。アートグミギャラリーのような小さなホールで聴くと、心地よいことこの上ない。バンドの性格上、どの曲も似た感じで変化にやや欠けるきらいはあるが、暫し穏やかな音もまた良し、の気持ち。

建物の来歴はプレスリリースをみて貰うとして、ボクの父親より古い建物の艶っぽさ,とは何だろう。普通選挙開始から10年も経っていない、未だ大衆社会からかけ離れた時代の余滴が建物の艶をひとつひとつ与えているのだろうな、と思いながらノスタルジーの香高い音楽を聴いておりました。