Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Archie Shepp "Montreux (1975)":Under re-construction of my jazz feeling.


Archie Shepp "Montreux (Arista Freedom)"
1. Lush Life, 2. U-Jamaa, 3. Crucificado, 4. Miss Toni,
5. Steam , 6.Along Came Betty, 7.Blues For Donald Duck
Archie Shepp(ts), Charles Greenlee (tb), Dave Burrell (p), Cameron
Brown (b), Beaver Harris (ds)
Montreux Jazz Festival', "Casino De Montreux", Switzerland, July 18, 1975

けったいなサブタイトルなのだけどほんとうのこと.ここのところ新しい,かつ強烈なオトの体験が続いて,吾がたま(霊)が落ちかかっ ている.だから大好きなジャズの聴こえ方も随分違ってきていて,聴きなおし,のようなことになっている.だからUnder re-construction of my jazz feeling.(JAZZ BLOGのつもりなのに,書けなくなっていた!)


幸いなことに,このArchie SheppのMontreux (1975),モントルージャズフェスティバルのライヴ,は無事.やっぱりいい盤だ.ボクが好きな70年代ジャズの中心に鎮座する1 枚だから,なおのこと嬉しい.(それにしても,1975年にジャズファンでなかった,あるいは,まだまだガキだったことが 悔しい.ジャズ的に凄い年であったように思える)

Archie Sheppのテナーには何かしら「黒さ」とか「しつこさ」がねっとりとまとわりついているのだけど,この演奏は少し乾いた感じで,ライヴであるにも関わらず微妙な翳りがあって,それが程よい色気になっているような気がする.Dave Burrellのピアノがその味付けを行っているように思える.一曲目のLush Lifeのendingでの哀感から, U-Jamaaへの高揚感は何とも楽しい.何段も何段もギアを入れていく感じ.あとは仕舞い方のAlong Came Bettyでも,そのような味のまま進行しているので嬉しくなる.

それにしてもamazonの中古盤価格はメチャクチャで,1200円くらいで買えた記憶のあるボクは呆れてしますのだ.