Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Cameron Brown: Here and now (2003) Bostonにある兎の中古レコード屋で買ったCD


Cameron Brown: Here and now (Omni tone)
1. Art Deco 2. For All We Know 3. Rylie's Bounce 4. Remembrance
5. Medley: What Reason Could I Give?; For Dad And Dannie 6. Double Arc Jake.
Sheila Jordan(vo), Dave Ballou(tp, flh), Cameron Brown(b), Leon Parker(ds)
Dewey Redman (ts)
2003年のライブ 試 聴

ボクがCameron Brownをはじめて聴いたのはGeorge Adams(ts)とDon Pullen(p)のバンド.70年代から80年代にかけて,Free Jazzのエネルギーを上手く強いDrive感に結びつけた感じがとても好きだった.Adamsのテナーサックスのトーンが気持ちよく汚いトコロ も.Cameron Brownのベースはその強いDrive感を支える演奏で好感を持っていた.買ったCDはCameron BrownがSheila Jordan(vo)と共演したもので,聴くとSheila Jordan(vo)のリーダ作とも言えるような内容.ツボは冒頭の曲Art Deco,晩年のDon Cherryのトボケタ味わいが楽しい .これを歌で演る,というだけでワクワクして買った.まあ出来は大きすぎた期待ほどではなかったが,原曲の空気は十分感じるものだった.Cameron Brownはたんたんと,しっかり刻み続けていて,ボクのなかの好感度はちょっぴりアップしたのでした.

よくよく確認するとSheila JordanとCameron Brownの共演歴は案外長く,1970年代の日本制作ジャズレーベルEast Windからもしっかりリリースされていた.このEast Windのジャケットが洒脱で,みつけたら中古LPを買うようにしている.ジャケットが素敵なレコードって,音も案外ハズレないような気がするので.また East Windの録音はとてもいい.このconfirmationもなかなか良い一枚で,冒頭のSheilaの語りがなければなあ,といつも思うのです.


Sheila Jordan: Confirmation (East Wind)
1. Introduction 2. God Bless the Child 3. My Favorite Things 4. Inch Worm 5. Because We're Kids
6. Confirmation 7. By Myself 8. Why Was I Born 9. Pearlie's Swine
Sheila Jordan (vo), Cameron Brown (b), Norman Mornell (ts), Alan Pasqua (p), Beaver Harris (ds)
1975年