Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

金沢・安江町「いろは食堂」:素敵な花屋さんの近所でオムライスを食べた


先週金曜日は午前中の雨が昼過ぎから上がり,夕暮れに向かって深い蒼色に染まっていく天蓋を眺めていた.そんな日の夕暮れの風は適当に雨上がりの冷たさを残しながら,気持ちを少しづつ高める力に溢れていた.だから,バスに乗って犀川を越える頃には,すっかり日頃の気持ちから離れた晴れやかな感じになっていた.

そんな流れで聴いた音楽堂での山下洋輔+オーケストラであったのだが,なんとなく山下洋輔を再確認したのに止まるような,要は1+1>2とはならない不満が少し残ったのだが,まあ気分の高揚感はそんなことを流して,知人達と東山「れのん」から「galetasso」で随分楽しく夜更けまで呑んでいた.(これはまた触れてみたい)

翌朝は予想通り,爽やかという言葉でしか表せないくらい綺麗に晴れ上がり,二日酔いはともかく走ることにした.だいた10km見当で,寺町台地の上から長良坂で犀川に降りて,上菊橋から小立野上がって,天神坂からおりで材木町抜けて天神橋から浅野川.下流に走って浅野川大橋越えてもう一 つ下流の橋のトコロから安江町を抜けて,別院さん,武蔵が辻,香林坊,片町,竪町,新竪町,桜橋,桜坂.もう,めくるめく金沢で,これも適当な言葉がみつからないくらい気持ち良かった.

そんな爽快なランニングコースの途中,4月の夜桜でKさんと現れた安江町の花屋さんで一服,ついでに近所の「いろは食堂」でオムライス食べてしまって,まあランニングだか何だか分からない顛末,

安江町の花のアトリエ「こすもす」さんは,古い(大正年間?)の薬局をそのまま生かした,とても不思議な感じの花屋さん.4月の夜桜のあとに伺うと,櫻花咲き乱れ,息苦しいくらい.5月の光景をみたくなったので,足を止めてみた.


古い薬局の什器を生かした店内は,すでに初夏の里山の麓の趣だった.

咲いて,咲き,乱れるに至らない清澄な感じは,櫻の候から随分変わっていた.



そんな「こすもす」さんで,少し華やいだ気持ちにして頂いたあと,急に思い立ってKさんが誉めていた「いろは食堂」に行くことにした.ランニングスタイルなんだけど,お猿のジョージ並の好奇心になってしまって,我慢できなかった.お店の面構えが食堂,っていうのは,ボクも好きなんだなあ.


店内は思った以上にしっかりしていて,昭和の空気を残しながら,しっかり生きていて哀愁感はカケラもないところが素晴らしい.



ボクはオムライスが好物なので,とても美味しく頂きました.いい感じ,でしょ.



ボクが食べていたら,近所のおじいさん(という言葉がピッタリ)が入ってきて昼ビール.もう時間軸が随分ゆったりとした感じ.驚いたのは今時珍しい(よね),プレスで打ち抜きの軽い軽いスプーン.カツンとしたチープ感がボクを子供の頃に引き戻してくれる昼前だった.