Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Charles Mingus: Mingus at Carnegie Hall(1974) まだ寒い5月だから暑苦しい一枚


Charles Mingus: Mingus at Carnegie Hall (Atlantic)
    1.C Jam Blues
    2.Perdido
Jon Faddis(tp), Charles McPherson(as), John Handy(as,ts), Rahsaan Roland Kirk(ts), George Adams(ts), Hamiet Bluiett(bs), Don Pullen(p), Charles Mingus(b), Dannie Richmond(ds)

僕はGeorge Adamsの咆吼はとても気持ち良くて,熱心ではないけれど,見かけたら買うようにしている.その昔,TimelessのEarth Beamsが気に入ったから.もっとも日本製作のAmericaとか晩年の2枚は最低だったけど.

インターネット時代が嬉しいのは,このGeorge AdamsDiscographyまであって,彼の録音の全貌がわかってしまう.とても嬉しいし,作者の方には感謝しております.引用リストの筆頭がRoy HaynesのHip Ensembleで,のんびり探しているうちに25年,嫌になるね.それはともかく,このLPレコードも George AdamsDiscographyで気がついて,機会があれば買おうと思っていて,このあいだDユニオンで300円で買った一枚.いい時代だけと,ちょっと寂しい.期待はRoland KirkとGeorge Adamsの共演.いかにも暑苦しい感じ.

聴いてみると,予想と違わず暑苦しくて嬉しい.単なるジャムなんだけど,Mingusの図太いビートでの始まりが期待を高める.順々にソロをまわすだけのプレイだけど,Kirkの凄みを再認識.アルフィーから至上の愛まで呑み込む化け物ぶり.Adamsまで呑み込まれた感じ.イヤハヤ.Kirkはやっぱりすごいや,の一枚でAdamsを忘れている私でした.

youtu.be