Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

金沢・泉野出町「galetasso」音楽を聴く,ところでもないのだけど聴く


僕は京都の大学を出てから,鎌倉に14年,尼崎に11年,また鎌倉に戻って1年,そして金沢で半年を過ぎたところ.尼崎はともかく,京都,鎌倉,金沢となかなかの場所で働いている.尼崎時代はとてもタフな仕事をしていたので,まあ鎌倉で楽しくした返済,金沢で楽しくする貯金だったと思っている.それはともかく,尼崎時代が何故タフかというと仕事の内容もとてもタフだけど(書けないけどね),1時間の通勤路にバーが全くない健全通勤路であることもとてもタフな11年.

という気持ちで金沢に来て寺町台地のうえから郊外の仕事場まで3.5kmの道のりを毎日歩いている(雪だろうが雷だろうが)のだけど,郊外のファミレス的なもの(嫌い)とかオシャレなイタリアンとかフレンチ(一人じゃねえ敷居が..)なので,やっぱり結論的に健全化傾向が高い通勤ということでガッカリ.ところが不覚にも見逃していたことが発覚.

数ヶ月その前を歩いていて全く気がつかなかったのは泉野の体育館前の”galetasso(ガレタッソ)”.知人のKさんに教えて貰って知った次第.あのあたりは臭い,と感じたので探して歩いたのに.カヤカヤしかみつからなかった.嗅覚の衰えがなんとも情けない.

店主のNさんが同じ京都「の」大学の先輩であることもあり,犀川を越える必要がないこともあり,それにLPレコードをかけてくれることもあり,仕事をきちんとした日には座ることが多い.窓も大きいので,あんまり混んでいないことを確認した時だけどね.

今週は今期の仕事を立ち上げているので肩で息をする毎日なので,ビール一杯の積もりで数杯頂戴して帰宅する日々なんだけど,やっぱり音楽をしっかりかけるバーが好きなんだなあ,と思う.Nさんご本人も仰せであったが,バーのような,ロック喫茶のような,何だろうね,という”galetasso”なんですが,僕は京都にあったジャズ喫茶とかロック喫茶(だんだんと死語ですね)の残滓をふっと感じることがあり,ぼおっと音楽を聴きながらビールを呑むのが好きなんだな.馬鹿みたいにジャズばっかり聴いてきた30年なのでロック,ブルースとか聴きたいこの頃の気分にあっている.一昨日のロック喫茶状態はよかった.
 
しかも亡くなる半年前くらいから急速にマークしていた浅川マキのLPがとても沢山あって嬉しい.ヘタなジャズより光るフレーズを奏でるアルバム多し,しかも1万枚も流通しなかったものが多いので,沢山聴くことができて,とてもとても感謝しております.(それからサービスのズブロッカもね).

 昨夕は夕暮れの卯辰山ひとり散歩で観桜(夕暮れの斜光でみる桜はいいなあ)した帰り.15kmくらい歩いたので喉がからから.ビールが美味かった.東京から戻ってこられた金澤狂のMさんと伺い,昨夜も長居しました.

昨夜の”galetasso”.春めいた色合いの店内.昨夜はオール髭オヤジの客ばっかりだったので,Nさんが最後にリカバリ.なんとまあ.お召しだけじゃなくてLPに注目して!


あ,本日は休業だそうで