Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Chick Corea:Now He Sings Now He Sobs(1968)花曇りの朝だけど


Chick Corea : Now He Sings Now He Sobs(Solid State)
Chick Corea (p), Miroslav Vitous (b), Roy Haynes (ds)
1968年3月録音 Solid State原盤

1. Steps - What Was    
2. Matrix   
3. How He Sings, Now He Sobs
4. Now He Beats The Drums, Now He Stops
5. The Law Of Falling And Catching Up
---------------- ここまでがオリジナルLPに収録,
       あとはCDで追加.大盤振舞いなのです.
6. Samba Yantra
7. Bossa
8. I Don't Know
9. Fragments
10. Windows
11. Gemini
12. Pannonica
13. My One And Only Love

花曇りの朝なんだけど,雲があるほうが金沢らしくて安心できるように感じる.今朝は5時頃から起きて仕事の準備.そのあいだ,このアルバムを聴いていた.先週末,Kさんと宝達山に行く時に車中で聴いて,あらためて惚れ直した一枚.

ジャズの聴きはじめ(1979年)のChick CoreaはAl Di MeolaとかStanley Clarkeとの第二期RTFの終わりの頃じゃないかなあ.とにかくジャズといえばチックというくらいに,一般の学生も知っていたのだから.セントラルパークも埋まるくらいの人気だったとか.

当時スイングジャーナルの初心者手引き記事をしっかり読んでいたので,Chickといえばこれ,ということで入手し,しっかり惚れ込んだ.Stan GetzのSweet Rainで弾くChick同様,言葉にできないのだけど「70年代のジャズの音・ドライブ感」がしっかり詰め込まれているのだ.30年前の若きジャズファン(僕)はしっかりコレを刷り込まれたので,未だにコレには弱い.トロッとしてしまう.

それにしてもミソはMiloslav Vitousの適当に高音をヒットさせる軽やかでキツイbass,パーカーと演っていた楽歴が信じられない若々しく鮮やかなシンバルワークのRoy Haynes.ふたりともあわせてファンに.

1990年頃だったかCDを買い直したとき,他のテイクが混じって,しかも曲順が出鱈目だったのは驚いた.Steps - What Wasで始まんなきゃね.今のCDはちゃんとしているようだ.でも,曲やテイクが沢山追加されたことは,必ずしも嬉しいことじゃないなあ,と思うこの頃.アルバムの印象--起承転結---が曖昧になるし,別に資料集を聴くんじゃないからね.

どうも1990年以降,GRPに移ったあたりからちゃんとフォローしていないのだけど,1980年くらいまでのアルバム(RTF,ARC,Friends,Spanish Heart くらいかなあ)の印象を凌駕できない感じがある.このトリオもECMでの復活作や最近のDVDでもあるが,感動がとても薄いのは何故だろうか? 相変わらず,とてもお上手なんですけどね(ここは賛否両論でしょうけど).まあ,初期作が「強烈に刷り込まれた」故であると理解しています.

米アマゾンで試聴可能です(購入誘導いませんので念のため):
http://www.amazon.com/Now-He-Sings-Sobs/dp/B0000691U2