Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

Roland Kirk: Domino (1962) とてつもなくスイングする一枚


Roland Kirk: Domino (Mercury)
Roland Kirk (reeds) Andrew Hill (p), Vernon Martin (b), Henry Duncan(ds)
Wynton Kelly (piano), Ernon Martin (bass), Roy Haynes(drums)
1962年録音

今日は日曜日.今から櫻のチェックを兼ねてランニングの積もり.今朝,皿洗いをしながらかけていたのがRoland KirkのDomino.このBlogではじめての60年代ジャズがKirkなのは,なんなんだろうか,と思いながらも好きなんだなあ.

70年代の多様なジャズの彩りのなかで,Roland Kirkは特異な位置づけで,主流の人々の真面目な苦闘から離れて自身のファンキーな音を出している.管三本をくわえる異様な風体もあいまって,なかなか手が出せなかった.

ジャズがpositiveな意味で芸能であるならば,Kirkはとても立派な,いや偉大な芸人だと思う.聴き手を120%満足させているから.70年代には好きなLP/CDが沢山あるのだけど,これは60年代の一枚.立派なリズムセクションがついても,若きKirkは揺るぎなく,とてつもなく強くスイングしているのが分かる.ジャズは楽しいなあ,といつも思う一枚.

米アマゾンで試聴できます.それにしても,MP3販売はCDよりテイクがとても多いぞ!
http://www.amazon.com/Domino-Rahsaan-Roland-Kirk/dp/B000050J60/ref=sr_1_2?ie=UTF8&s=music&qid=1270344331&sr=8-2