Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

野沢美穂(p)&ファビオ・ボッタッツォ(g)のデュオ@もっきりや・今夜

今夜のもっきりや。新潟から来られる野沢美穂(p)&ファビオ・ボッタッツォ(g)のデュオ。結構、ピアノとギターのデュオは好物。古のエヴァンス・ホールまで遡らなくても、最近ではハーシュ・レイジなんかも良かった。という訳で、聴きに行きます。 (忙しくて…

Nakama (from Norway) @もっきりや:まだ見えぬ先を指向する奏者達

誤解を招くかも知れない、のだけど、演奏そのものの面白さ、よりも演奏で指向していることの面白さ、を強く感じた夜だった。 最近、強く感じ、そして面白がって聴いているのは、新しい世代の奏者達が作る音空間。明らかに、単なるグルーヴや、単なる即興や、…

Nakama (from Norway) at Mokkiriya, Kanazawa: Short message to Nakama players

To Nakama players: I appreciate all of you for incredible sounds. I still am with your beautiful sounds by vinyl records as above ! I have strong intension on the post-improvised music or post-free jazz as one listener. At present time, we…

大口純一郎、米木康志、本田珠也@金沢・もっきりや(10/3)粒立つ美音

昨年のケイ赤城トリオでの本田珠也が印象的であったので、今年もでかけた。大口純一郎トリオ。大口純一郎は1970年代からの長いキャリア、なのだけど、今まで聴く機会はなかった。 印象的であったのは、もっきりやのピアノを美しく鳴らしていたこと。今まで聴…

TaxiWars@もっきりや: 21世紀の殺伐とした空気感を

TaxiWarsはベルギー出身で、ニューヨークでも活動歴がある奏者達のバンド。ジャズが骨であるがヴォーカルはロック、とか、パンクの味で、時にはラップも。21世紀のフュージョンって、こんな感じかな、という面白さ。 TaxiWars: Tom Barman (vocals) , Robin …

ミュージック from ノルウェー 2016 ツアー@もっきりや(10月4日)

もっきりやの平賀さんから、ライヴの予告を頂いた。 北欧のジャズを中心とした先鋭的な音楽をプロモートされている大澤さんのアレンジ。仔細は下記サイトで: 10/4 (火) 金沢 もっきりや 19:00 開場 19:30 開演 Monkey Plot + Vilde & Inga前売 3,000円 …

もっきりやの横の階段に居たアート・ペッパー

TwitterもFacebookも、デイヴィッド・ボウイのことがいつまでも流れている。 齢を重ねると、別れが生き残ることであると感じるなあ。ジャズなんか聴いていると、常に別れ続けている感覚。 もっきりやの横の階段を覗いたら、入り口に貼ってあったアート・ペッ…

IPA@もっきりや(1/11)肉体的な躍動と観念のバランスが絶妙

昨夜はノルウェイとスェーデンの混成グループIPAのライヴ。その前に金沢大学のコンボ(MJS?)の30分あまりの演奏。IPAと同じくtp, sax(as), b, dsの編成。1950年代のバップから60年代モードまでimpressionsで締めくくる30分。ドラムが以前、日野皓正来演のと…

ケイ赤城トリオ@金沢・もっきりや(12/23)地方中核都市に住むと云うこと

素晴らしいライヴを年の瀬に聴いた。 ケイ赤城トリオ:ケイ 赤城(p) 若井 俊也(b) 本田 珠也(ds) 特に目新しいことをやっている訳ではない。いわゆる主流派ジャズ(死語だなあ)の延長にある、とても正統的なものである。が、そこには強烈なドライヴへの指向…

Helge Lien Trio@もっきりや

今年もヘルゲ・リエン・トリオがやってきた。昨年、ライヴではじめて聴いたときの驚きは生々しい。楽しみにしていた。CDで聴く印象と全く違った、美音が攻める演奏。 1970年代のキース・ジャレット・トリオを彷彿とさせるような、フォークを想起させる旋律。…

高瀬アキ So long, Eric(金沢・もっきりや)

この世を去って半世紀、のドルフィーの追悼ライヴ。ここ数年で最高のライヴの一つであり、その空間は記録できないという当たり前の残酷な事実を夜が明けた後に感じている。 そう、ドルフィーの最後のアルバムでのアナウンスと同じだ。 When you hear music, …

金沢・柿木畠「もっきりや」渡辺貞夫4ではじめて出かけた

8/6「SADAO with YOUNG LIONS」 渡辺貞夫(as) ハクエイ・キム(p) 杉本智和(b) 竹村一哲(ds) に出かけてきた.いろいろな意味で楽しめたライヴになった.