Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

jazz

2016年という一年、いや九ヶ月を考える(ECMを後衛とした構図)

ボクは時系列に興味を持ったものを飛び跳ねているだけなので、とても今年のベスト、を語ることができるような纏まった何か、はない。外の方々の「まとめ」を有り難く読み、漏れを拾っている。 ただ4月に聴いたEvan Parkerの影響は甚大で、あのような「広範…

中川ワニ@cowry coffee ヒトが聴くジャズを聴くヒトになる

昨日の夜、珈琲焙煎人である中川ワニさんがやってきて、cowry coffeeでお喋りをしていった。ボクは2年振りに聴いた。 ヒトが聴くジャズを聴くヒトになる、のも悪くない。金沢に居ると、どうしてもネット情報中心にCDを入手。ワニ氏によると、CDを買うことは…

音を聴く

ボクは昔から新年であらたまって、ということに馴染めない。そこに時間の不連続や楔を感じ得ないためで、行く年も来る年もない。まあ社会生活を送る上で不都合がない程度に、新年を祝った(ふり)をしている訳である。ヘソが曲がっていて、「空気」への非同…

来年に向けての想い

今年の一番の出会いは、11月に札幌ではじめて聴いた旧ソ連のメロディア盤。その音にすっかり魅了された。ヴェデルニコフをはじめとする好きなピアノ奏者のアルバムを入手し、とても満足している。スクリャービン、ショスタコーヴィッチ、プロコフィエフなど…

中川ワニさんと現代ジャズを楽しむ会@cowry coffee on 2016年1月4日

門脇君のcowry coffeeに中川ワニさんがやってくる。面白いアルバムが聴けたらいいな、と思う。 エッジを修繕していたcowryのタンノイも直ったみたいだし。 以前のワニさんのジャズ本も面白かったのだけど(ガイドブックとして、あまり役に立たないから面白く…

音に埋没すれども

自分でも思うが、かなりの時間、音に埋没している。 そして、もはや記録手段としての記憶が怪しいので、メモをブログとしている。 そのなかで、興味が続いていること: (1)ECMのレコードを番号順に聴き、ECM自体の変遷、つまりアイヒャーの興味・指向の変遷…

San DiegoのJazz放送局KSDS再訪

日が暮れてから、友人と会った。 サン・ディエゴのFM放送局KSDSを再訪した(サイトはこちら)。ボクの昔の仕事仲間がDJをやっている。 週1回の放送なのだけど、選局がよくて、ときどき聴く。東海岸出身のおっさんなのだけど、ECM好きだったりして、面白い…

ジャズ喫茶、のようなもの@cowry coffee (2014-1-17)

昨日は半日の間、cowry coffeeのアコウスティックな空間で響くTannoy Ardenをすっかり堪能することができた。真空管アンプは時間を経るほど柔らかくなって、仕舞い方の音の美しさ、といったら! それとボクの愛想が悪い(じゃなくて、人見知りあり)ために、…

ジャズ喫茶、のようなこと@cowry coffee

昨日、セットアップ。何枚かアルバム(ECM、TBM)を聴いたけど、暖まるにつれて良い音に。 今日は天候が悪そうで、店主の門脇君は売り上げを心配。そういうトコは彼もボクと同じ関西人なのだ。 ということなので、是非、お越しください。(珍しいですます調…

 ジャズ喫茶、のようなこと@cowry coffee (1月17日)

金沢下辰巳にあるcowry coffeeは、木造のアコウスティックな空間にTannoy Ardenを置いていて、建物全体で響かせるような良さ、がある。決してジャズ喫茶ではなく、カフェではあるのだけど、店主の門脇君の選盤はアコウスティックな響きを愉しませるものが多…

日々レコードを聴いている

日々レコードを聴いている。 聴いて聴いても、聴いている。聴けば聴くほど、聴かねばならないような気持ちになっている。困ったものだ。 そんな日々。 顔を上げた。針先の向こうに日が沈んだ。川の向こう、寺町の影が夕闇に浮かび上がった。 暗闇のなかに針…

ジャズ、を考えている

暫く投稿できていなかった理由なのだけど、「例の本」を少し読んでいて、やや困惑している部分があって、その考えをゆっくり熟成(発酵?)させていたから。自問自答の繰り返し。 ジャズを聴くとは? improvisationを聴く、ということ。作曲行為のひとつの在…

The 2013 NPR Music Jazz Critics Poll:お正月の宿題

いつも拝見しているブログのなかで、このサイトに関する記事を発見。(いっきさん、ありがとうございます) 米国のジャズについて、2013年の50選。とても興味深い。古い奏者は別にして、興味をわかせる奏者が米国から欧州や南米に移ってきているのが気になっ…

改めて古いレコードを聴き直した後

この1週間あまり、1950年代から1970年代までのfankyなジャズを通して聴いていた。間違いなく、このあたりのジャズを良く聴いていた30年くらい前と聴こえ方が違うことに気がついた。享楽のような部分に強く惹かれるようになっている。音楽の快楽性のような部…

Eight Classic Albums とうとうジャズ名盤が

キース・ジャレットのケルン・コンサートを聴いてから30年。とっても、当時の(ちょっと偏屈な)大学生的入口。その後は、せっせとスイング・ジャーナルを2年ばかり熟読し(教科書よりね)、未だにその記憶で聴き続けている。ECMだ南米だ、と聴いているの…

モントリオール・ジャズ・フェスティバル速報:聴けないのだけど

街角は急速にジャズ・フェスティバルの準備がはじまっている。半端ではなく、街中がジャズの色に染まりつつある。

この頃の関心事、それにジャズ

今、金澤では秋から冬へ急旋回し、沿海州そう安西冬衛がいう韃靼から吹いてくる湿気を帯びた大気が引き起こす乱れるような雲の乱流のなかに放り込まれる。だから、空をみているといつまでも飽きない。また湿気を孕んだ風の官能的な感触にうっとりしてしまっ…

Jazz Inside Magazine: 次に行くときは活用したいニューヨークのジャズ情報誌

ぱっとしない後半の滞在だったのだけど、収穫はニューヨークのジャズ情報誌の存在を知ったこと。Jazz Inside Magazineというニューヨークのジャズに関する情報満載雑誌。

Pablo Records (1973-1987):山盛りのエンターテイメントを聴きたくなったから

PabloレーベルのLPレコードをまとめて入手した、21枚。結構、重たい。その一枚、Basie And Zootのジャケットを見て欲しい。とても味があるでしょ。

San Diego KSDS(88.3MHz):本日(3月16日)12時から14時のジャズ番組 by Norm

僕の友人Normがジャズ番組をやってます.サンディエゴのFM局KSDS(インターネット http://www.jazz88.org/ あるいはiTUNESのradio/jazzで聴けます).日本時間の12時から14時.趣味がいい奴なのでいつも新しい発見があるので楽しみ. 興味があったら聴いてく…

ためいきのような独りジャズ:雪の降る晩に聴いた音のプレイリスト

雪が静かに降る晩の徒然なるがままに、独り聴いたオトを並べてみた。ただそれだけなのだけど、ソロからデュオそしてエスニック的な音色の移り変わりは、図らずも賑やかな後味を残していった。楽しい気持ちで夜半過ぎに寝床にはいるまでの儚い愉しみ。

San Diego KSDS(88.3MHz):本日(6月23日)12時から14時のジャズ番組 by Norm

僕の友人Normがジャズ番組をやってます.サンディエゴのFM局KSDS(インターネット http://www.jazz88.org/ あるいはiTUNESのradio/jazzで聴けます).日本時間の12時から14時.趣味がいい奴なのでいつも新しい発見があるので楽しみ. アメリカ西海岸は火曜の…

Norm ''Birdman'' Swanberg: San DiegoのFM局KSDSのJAZZ DJ

ボクは10年来の友人Norm ''Birdman'' Swanbergと久々に再会した.でも,全く久しぶりという感じが全くしない.毎週のように彼の番組を聴いているので,とても近いのである.大した時代だ.I met with my friend, Norm ''Birdman'' Swanberg. For several ye…

本日(4月28日)12時から14時のジャズ番組(KSDS 88.3 FM)

先週はサマータイムの勘定を忘れて1時間間違えました.スミマセン.今週が正しい時間なのです. 僕の友人がジャズ番組をやります.サンディエゴのFM局KSDS(インターネット,iTUNESで聴けます).日本時間の12時から14時.趣味がいい奴なのでいつも新しい発…

本日(4月21日)13時から15時のジャズ番組(KSDS 88.3 FM)

僕の友人がジャズ番組をやります.サンディエゴのFM局KSDS(インターネットhttp://www.jazz88.org/,iTUNESで聴けます).日本時間の13時から15時.趣味がいい奴なのでいつも新しい発見あり.曲のリストも貼りました.