Kanazawa Jazz Days

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

(ECM1084) Eberhard Weber: The Following Morning (1976) どう聴いても彼の音楽

時間とともに変容する奏者、そうでない奏者がいる。エバーハルト・ヴェーバーは決定的に後者で、どう聴いても彼の音楽である、という印象は決してエフェクタを通したエレクトリック・アコウスティック・ベースの音色、だけによるものではない。 むしろ作曲行…

(ECM1083) Terje Rypdal: After The Rain (1976) 「あの奇妙な味」の世界を静謐に語り続ける

最近、強く思うことは、ジャズがジャズであるその大切な要因は、「奇妙な・違和感のある味」を感じさせることではないだろうか。決して即興とか、グルーヴでも、スウィングではない。フリー・ジャズも口当たり良く、スムースになったハード・バップへのアン…

(ECM1082) Arild Andersen: Shimri (1976) かつての欧州ジャズの脆弱性

アンデルセンの前作のときもそうなのだけど、聴いたときの印象を書くことができなくて、このシリーズ(ECMのレコードを聴く)が滞っている。今回も同じ。一月以上、なんか書く気が起こらなかった。 なぜだろう。確かに美しい音楽なのだけど、それ以上のもので…

(ECM2465) Tord Gustavsen: What Was Said (2015) 雨降りの朝はレコード

雨降りの朝はレコードを聴いている。まとめ買い(送料節約のため)で入手した1枚。半分くらいは未聴。これも、未聴の1枚。冷え切った音響装置がゆっくり暖まるにつれ、音が広がりだす様子が手に取るように分かる。エレクトロニクスや打楽器で彩られた声や…

(ECM1081) Art Lande: Rubisa Patrol (1976) ありもしない国の民族音楽のような

アート・ランデのECM2作目。今回、聴き直すと、案外、ランデのピアノが奥に引き気味で、マーク・イスハムのトランペット、・ダグラスのベース/フルートが前面に出ていることに気がついた。作曲もマーク・イスハムとシェア。かつてのPMGに近い雰囲気を感じる…

(ECM1080) John Abercrombie, Ralph Towner: Sargasso Sea (1976) 40年前には

ジョン・アバークロンビーとラルフ・タウナーのデュオSargasso Sea。印画紙のようなつるっとしたジャケットの感触が懐かしい70年代のECMのアルバム。北欧のスタジオで繰り広げられた透明度の高い、そしてひんやりとした大気のなかでの対話が濃密に広がる。

(ECM1079) Jack DeJohnette: Pictures (1976) ドラムと打楽器の間を漂いながらも

ジャック・デジョネットのソロ、の性格を持ったアルバム。自身のピアノやオルガンとの多重録音もあるし 、クロンビーが加わったトラックもあるが、デジョネットのドラムを中心に据えて、その魅力、ビートの鋭さ、打音の美しさ、を伝えている。 欧州の奏者は…

(ECM1078) Enrico Rava: The Plot (1976) 管の響きが与える陰翳

前作「The pilgrim and the stars」の1年後の吹き込み。またメンバーも同じ。続編、と云って良い。 だから、アルバムの印象も実に似通っている。続編。ラヴァの魅力は、管の響きが与える陰翳、だと思う。前作は、その暗い響きがクロンビー達が奏でる1970年…

(ECM1077) Edward Vesala: Nan Madol (1974) エキゾチックで不思議な音空間

ECMを聴く安心感、はアイヒャーの音世界がある種の予定調和のなかにあって、様々なジャズ周縁の音の断面を見せてくれて、新鮮な驚きを与えてくれる確信、から来ることは間違いない。1970年代から80年代、リアルタイムに感じたECMはそんな感じで、今、それを…

(ECM1075) Jan Garbarek, Bobo Stenson Quartet: Dansere (1975) ブロウは影を潜め

久しぶりのECMのレコード聴き。今は、ブログ移転に伴う過去記事の修正に時間をとられている。 このアルバムジャケットをよく見ると、Jan Garbarek Bobo Stenson Quartetの双頭カルテット。作曲・編曲はガルバレクなので、実質的にはガルバレクのアルバムなの…

(ECM1463) John Surman: Adventure Playground (1991) 墨絵のなかの点景

1991年の吹き込み。この頃はLP/CDの併売時期からCDのみの販売への切り換えが終わった頃。CDのみである。ブレイのアルバムが少し気になった時期、逝去直後、に入手したもの。 似たようなアルバムにEvan Parker, Barre Phillipsとの吹き込みがある: これらの…

(ECM1074) Jack DeJohnette: Untitled (1976) 当時のデジョネットの凄さと同時に

このジャック・デジョネットのECMでの、彼のグループとしての初アルバムは、そんなデジョネットの特性が詰まった玉手箱のようなアルバム。インド音楽風からフリー風まで様々なスタイル、リズムを取り上げている。それらが無理なく、デジョネットの多面性とし…

(ECM1537) Paul Bley, Evan Parker, Barre Phillips: Time Will Tell (1994) 時は語った、のか?

昨日まで、査読で修正指示が出た論文を改訂していて、かなり神経にきている。最後の最後で、編集者の指摘の見落としに気がついて、慌てて参考文献を追加して、文章を追記。サーバーにデータをアップする頃には、喉がカラカラになっていた。 ボクも編集をやっ…

(ECM1394) AM 4 : ... And She Answered (1989) だから、今朝のように、

どうも身の回りの大気の温度が上昇してくると、ECMを聴こう、という気持ちが萎んでくる。晩秋から初春に感じたような、体を包み込む空気との冷たくも柔らかい一体感、のようなものを喪っている、からだと思う。 だから、今朝のように、雨上がりの夜明け前に…

(ECM1609) Paul Bley, Evan Parker, Barre Phillips: Sankt Gerold Variations (1996) 音の一撃に

音の一撃に、やられた。ポルトガルから帰ってきたら、ポストに入っていたCD。不用意に聴きはじめたら、暫く、何も手につかなかった。 エヴァン・パーカーの螺旋状に上昇するブロウと、美麗なブレイの音が絡まった瞬間、美しい不可思議な構造物のような音世界…

(ECM2459) 菊地雅章:Black Orpheus (2012) ある奏者のLast Date

誰もが知っている場所で、だけど誰も見たことがない場所へ行ってしまった、ある奏者のLast Dateを捉えた、ドキュメンタリーである。それだけで、価値はあり、またその内包するcontextは強すぎて、言葉でイイとかワルイとか、そんな戯言を跳ね返してしまう、…

(ECM1067/68) Terje Rypdal: Odyssey (1975)冬の記憶と重なる現代のオデュッセイア

2000年頃に村井さんの本を読んではじめて聴き、ジャズと知覚する範囲が一気に広がる面白さを体験した、懐かしいアルバム。この音をジャズと定義できるのならば、ジャズはフォルムでなく思想である、と何となく言い切れるようにも思ったりしている。

(ECM2460/61) Mette Henriette (2013-14) 今だからこそ

今だからこそ、聴くことができる、アルバムだと思う。昨年10月に発売されたときから気になってはいたが、注文したのはつい先日。勿論、価格のことはあるのだけど、試聴しても注文に至らなかった、のも事実。だから、仕事が一段落して、そして忘れかけていた…

(ECM1060) Ralph Towner: Solstice (1974) 1年経って聴き直し

1年経って聴き直したが、印象は変わっていない。 ECM1061、ECM1062の前哨戦になっている、ことがわかった。メンバーはヴェーバーやクリステンセンだけど、ECMらしいビートの在り方、が冒頭からキマっていて、ECM1061、ECM1062への太いつながりを感じた。---…

(ECM1059) Arild Andersen: Clouds In My Head (1975)ジャズで味付けをした欧州の音、のような感覚

久しぶりにECMに還ってきた。かなり菊地さんにハマっているから、少し手薄。また仕事が年度末で多忙、また移動が多く、LPレコード聴きはなかなか進まない、のだ。 1975年までコマが進んだ。もう安定したECM。録音もECMそのものなのだけど、今と比べると残響…

(ECM1058) Steve Kuhn: Ecstasy (1974) ピアノ職人の技

ECMの実りある1974年の録音も終盤になってきた。前作のTranceと同時期の録音。ただし、Tranceは米国録音、こちらはオスロ。やはり、音はこちらのほうが遙かに美しい。 アルバムのタイトルが Ecstasy。前作のTranceといい、日本の某レーベルのエロ・ジャケッ…

(ECM1057) Bill Connors:Theme To The Gaurdian (1974) タウナー的音を狙うのだけど

久々にECMのレコードを取り出して聴きはじめた。ECM聴きで触発された感覚のままに、いろいろ聴いて歩くような狩猟採集民、のような彷徨の日々、だと思う。 1974年前半に米国で収録されたものが、ジャズに振り込んだ作品群ならば、1974年に欧州で収録されたも…

(ECM 1050) Jan Garbarek, Keith Jarrett: Belonging (1974) beyond freeの形

ECMのLPレコードの蒐集に意識が向いてから1年半くらいだろうか。その聴いた記録を残そうと思って、もうすぐ1年。ようやく50枚をアップ。ボクにしては根気が続いている。 このアルバムはキース・ジャレットのアルバムとして長く意識していたのだけど、改め…

(ECM1047) John Abercrombie: Timeless (1974) 音楽が熱かった時代をEditionする

1974年の初夏、アイヒャーはニューヨークに滞在していたのだろうか。マイルスがファンクを響かせ、RTFでディメオラのギターが轟いていた時代。 そんな時代の音、contemporaryな音を、Edition for Contemporary MusicたるECMはファイリングしている。リーブマ…

(ECM2428) Gary Peacock: Now This (2014) 走馬燈、というコトバが

12月に入った。今年の*枚、のような記事が見えはじめると、押し迫った感じに、やはり押しつぶされそうな気分になる。年末は苦手、なのだ。 ボクの場合、あまり沢山の新譜を聴いていないので、今年の*枚、は書けないのだけど、メルドーのソロの圧倒的な迫力…

(ECM1045) Terje Rypdal: Whenever I Seem To Be Far Away (1974) 北欧の空気感

リピダルを強く意識したのは、村井康司さんのディスク紹介本。いい本だった。オデッセイを聴いてから、この奇妙で、北欧の冷たい(むしろ凍った)大気のなかで響くロック的なギターと、倦怠感を醸し出すトロンボーン。強い独自性と奇妙な快感を与えるビート…

(ECM1043) Bennie Maupin: The Jewel In The Lotus (1974) ECMのMwandishiバンド

休日2日は出勤。なんとなくなあ、と月曜日の朝を迎えている。自宅で余裕がないとレコードを聴かない。 このアルバムは不思議なアルバム。1970年代の「クロスオーバー」の本流、ハービー・ハンコックの世界をECMというパッケージに入れたもの。せの成否、と…

(ECM1041) Jan Garbarek: Witchi-Tai-To (1973) 欧州奏者としての独自の音

ボボ・ステンソンとの双頭名義のアルバム。後年のアルバムと初期のフリーキーなアルバムの中間点。概ね後年に連なるような、作り込まれた音なのだけど、一部、コルトレーン的なブロウもあり(B面2曲目のチェリーの曲)、まだ過渡期かな、という感じ。 久し…

(ECM1266) Rainer Bruninghaus: Continuum (1983) 電子音の30年後そしてECMの魅力再考

10月に入って、気分が出てきたので、レコード聴き再開。 気まぐれ、だねえ。朝から美味しい珈琲とパンを頂いて、野菜をたっぷり食べたらとても気分がいい。時間に追いかけられる感じ、から解放された。もう、追いかけれえている筈じゃないのだけど。 相変わ…

(ECM2381) Jakob Bro: Gefion (2013) 浮遊というジャンル・不安への強いノスタルジイ

最近はとても仕事での出張が多く、金沢に居る時間は友人と逢ったり、外に飛び出したりで、ゆっくりと音楽を聴いていない。その代わりに、移動時間を使って、本は読んでいるのだけど。そうであっても、古いレコードや最近のCDも結構マメに買っているのだけど…

(ECM1017) Keith Jarrett: Facing You (1971) オリジナル盤の音

どうもECMの場合でもオリジナル盤と後年のプレスで若干音が違う。チックのA.R.C.やソロで気がついた。後年のプレスはやや硬質な感じで、ピアノの金属的な響きが強くなっているように思える。微妙なのだけど、気になる。明らかに後年のプレスの音は、気に入ら…

(ECM1298) John Taylor: Azimuth '85 (1985) 透明な音の深さ

ホーチミンから帰ったらハンガリーのレコードsellerからの包みが届いていた。ECM1000,1100番台のレコードを片付け、ECM1200番台が残り数枚。海外sellerに頼みはじめた。ECMのレコード盤は決して稀少ではなく、世の中のどこかに必ずある。価格も高価ではない…

(ECM1012) Bobo Stenson: Underwear (1971) オリジナルを入手してみた

先日、東京に出かけた折にオリジナル・プレスを見つけた。下記のアルバムはthird press。初期のアルバムは背に文字がなく、ジャケットにLC番号がない。二つ揃っているから1976年頃、以降のアルバム。プレスで音が違う、と云われていて、気になっていたので、…

(ECM1038) Art Lande, Jan Garbarek: Red Lanta (1973) ジャズ・室内楽

静謐を一枚のヴィニールに封じ込めた、ような印象。既にデュオとしてチック・コリアとゲイリー・バートンのCrystal silenceがあるのだけど、もっと曲ととして作り込められ、ジャズからの遠心力が強くなっている。40年という時間を全く感じさせない、現代のジ…

(ECM1031) Terje Rypdal: What Comes After(1973) 麻薬性のある音

実は1週間以上、ターンテーブルの上に載っているような気がする。麻薬性が強くて、何回も聴きたくなるのだけど、終わってから文章にする気にならなかった。 リピダルは村井さんのディスク紹介本で知ったOdysseyが聴きはじめ。ロックに近いディストーション…

(ECM 1029) Jan Garbarek: Triptykon (1972) この時期からあったんだ

仕事が忙しい(連休中も随分と書き物をしている)、時間が空いたら渓流に飛び出す、で4月に入ってからブログの更新やECMのレコード聴き、は低調。例年の季節変動要因なので仕方がない。ECMのレコード聴きを行う効果で、焦ったような無理な蒐集に歯止めがか…

(ECM2377) Sinikka Langeland: The Half-Finished Heaven (2013) 4月のもっきりや

4月9日 金沢・もっきりや「北欧伝統楽器カンテレと歌 「フィン族の森」より= = = 動物たちとの不思議な出会い」

(ECM1024) Gary Burton, Chick Corea: Crystal Silence (1972) 隅々まで行き渡ったような美意識

: もう完全に1970年代のECMの世界。そんな安心感ではじまり、おわる。 改めてここまでの二十数枚を眺めると、ジャケットの雰囲気は2つ前のRTFから、後年との連続性を強く感じるデザインになっている。録音もそう。商業的な成功、の以前に(発売ピッチが緩ん…

(ECM1023) Paul Bley: Open, To Love (1972) ブレイそしてアイヒャー

[2015-3-21追記] 現代音楽が前衛的、という単純な構図は誤りで、むしろ、音の美しさや音による陶酔を追求するにあたって、従来の楽理から逸脱した領域にその答えを求める行為ではなかろうか。メシアンの調性を逸脱した曲を聴いて、はっきりそう思った。逸脱…

(ECM1020) Chick Corea: Piano Improvisations, Vol. 2 (1971) ECMの形はやはり

暫く、あまり音楽を聴く時間がとれていない。賑やかではあるのだけど、落ち着かない。出張先(福井)でこれを書いている。 これは第1集と同じ日の録音の残りテイク。第1集が比較的中庸な曲を集めているのだけど、これは、その両側。モンクとショーターの伝…

(ECM1016) Terje Rypdal: Terje Rypdal (1971) 1971年夏のオスロ、そして時代の音

こうやって時系列にアルバムを聴く、という行為は、光陰を追いかけるが行為で、とても濃密な「時間体験」ができる、ということに気が付きつつある。1960年代末から1980年代過ぎの「大衆音楽が熱い時代」そのものを欧州の片隅で体験しているような、感覚。じ…

(ECM1015) Jan Garbarek: Sart (1971) やはり時代感はあるが

ステンソンのアルバム(ECM1012)と同時期(1ヶ月前)の録音。メンバーはステンソンのトリオに、リーダのガルバレクとギタ−のリピダルを足した構成。後年のECMを支えた奏者が揃っている。不思議なことは、一ヶ月後の録音のECM1012より音的に後年のECMに近づ…

(ECM1014) Chick Corea: Piano Improvisations Vol. 1 (1971) 1971年のチック

[1月7日 記載] ECMのLPレコードを買い続けて、2年くらいになる。気がつくと200アルバムを突破していた。LPレコードなので1980年代の後半まで。カタログ上は約500枚くらいのレコードがあるような感じなので、直に半分くらいまでいきそうだ。特に1000番代、11…

(ECM1007) Jan Garbarek: Afric Pepperbird (1970) beyond-free jazzの方向

一昨日に届いたLPレコード。82枚めのECM1000番台、あるいは9枚目のECM1010番台。次第に蒐集の難易度が上がっている。面白い。 これはECM1007なので7枚目のECMである。初期のECMは持ち込みとアイヒャー・プロデュースの双方があるのだけど、これはアイヒャ…