Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

ECM: Generation Sound Studios

(ECM1069) Kenny Wheeler: Gnu High (1975) ECMの芯のような

ボクが感じる、ECMの芯のような、そんなアルバムではなかろうか。それも1970年代の。そして次第に希薄になっていくように感じる米国のジャズの匂い。キースのトリオや、モチアン、ブレイ、キューン、そんな米国の奏者達がECMに活躍の場を得て、ある種の「抑…

(ECM1054) Richard Beirach: Eon (1974)生真面目な「ジャズの伝道者」とECMのマッチング

バイラークとECMについては、ECMに関する邦著で語られた件で、ある種の意識がついてまわる。が、そこはともかく聴いてみる。 バイラークは決して嫌いなピアノ奏者じゃない、むしろ「とても好きなタイプ」の筈。しかし、ターンテーブルに彼のレコードを置くこ…

(ECM1052) Steve Kuhn: Trance (1974) 直球のジャズのスピード感に溢れている

既に5年前に投稿していた。少し書き足す。 聴き直したが、いいアルバムだ、1970年代のジャズとして。1974年のジャレットやバートンの吹き込みは、欧州の美学と米国の美学の「Fusion」をジャズというプラットフォームに描き出した習作、すなわちECMそのもの…

(ECM1048) Paul Motian: Tribute (1974) もっとオーネットが知りたくなってきた

1974年春のアイヒャーの米国録音シリーズ。リーブマン、クロンビーに続く3枚目。やはり音はECMらしく仕上がっている。内容も3枚のなかで、最もECM的。モチアンもヘイデンも、内省的な演奏だし、ビートよりも浮遊するような音、を指向する点でも。 ECMでの…

(ECM1047) John Abercrombie: Timeless (1974) 音楽が熱かった時代をEditionする

1974年の初夏、アイヒャーはニューヨークに滞在していたのだろうか。マイルスがファンクを響かせ、RTFでディメオラのギターが轟いていた時代。 そんな時代の音、contemporaryな音を、Edition for Contemporary MusicたるECMはファイリングしている。リーブマ…

(ECM1039) Dave Liebman: Lookout Farm (1973) ECMを聴いている感じがしない、という意味で不思議な一枚

今朝は音響装置が綺麗になっているので、ECMレコードをターン・テーブルに。 当時、マイルス・デイヴィスのバンドで吹いていたリーブマンのECMでの吹き込み。リーブマンの音ってECMにしては、やや熱めで、バンド自体も躍動するリズム(特にB面)が全面に出て…