Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

金沢での暮らし

贅沢な自宅宴会(北陸の食卓なんだよなあ)

先日の鱈鍋といい、 昨日の香箱宴会といい、北陸の食卓なんだよなあ、と思う。実に豊か。 ボクは冷凍してあった岩魚を焼いた: Eちゃんの富山土産の鱒寿司: Aくん父の金沢春菊のサラダ(生食が美味い): 豚肉の角煮?にクレソン?: 鱈の子附け: 写真を取…

贅沢な自宅宴会(香箱編)

近所のAくん、Nちゃんとの香箱宴会は何年ぶりか。以前、浅野川沿いの貸しスペースでやって以来じゃなかろうか。Nちゃんの香箱捌き、Aくんの香箱卵焼き、が印象的だった。今回は、その他のメンバーも加わり6人で。 札付きの香箱蟹: 捌く: 捌いた後1: 捌…

雪の後(2018.12.9)

小松に降り立つと、北陸らしい冬の好天だった。雨、霰、晴、曇が入り乱れた空。 帰宅して片付けが終わる頃には晴れてきた。犀奥の前衛の嶺が雪を纏っていた。大好きな景色がいよいよはじまった。一日眺めていても、一季眺めていても、いや何年も見飽きていな…

金沢に帰ってきた

やはり長旅。 太平洋側はぼんやりした天気。虚ろな感じで富士山が見えていた。 下界が見えたのは、諏訪湖から松本あたりまで。北アルプスは雲の下だった。 小松に降り立つと雪雲の下。雨霰が流れる向こうには蒼天に曇天。忙しい光景。 気温は摂氏3度。僅か10…

暖かな12月

次々と雲が流れていく。南から風が吹き込んでいるのか、今朝の寒暖計は20度弱を指している。雪に身構える日々なのだけど、本当に降るのだろうか。

夜半前の3人と一匹

昨夜はレコードを聴き飽きてから、坂を下って一杯の積もりだった。3人がセッション中、一匹が居眠り中に遭遇。 pic.twitter.com/H0rMARmOP7— kanazawa jazz days (@kanazawa_jazz) 2018年11月29日 pic.twitter.com/lbZJWFPoEy— kanazawa jazz days (@kanaza…

冬の朝

日々、天候の素早い移ろいの中にいる。晴れ、曇り、雨。絶え間なく、変わっていく。いや正確に云うと変わるのではない。全天の景色の中に全てが揃っていて、万華鏡を振った時のように、その見え方が違うだけなのだ。 昨日の朝、雨が上がった後は天蓋が抜ける…

蟹3日目(浜長)

水曜日は蟹3日目。美味しゅうございました。しかし、過ぎたるは....、である。 仕事飯ではあるが、自腹。しかも幹事。疲れた。

蟹2日目(金沢・石亭)

火曜日の仕事飯。蟹尽くし。

11月蟹解禁(割鮮のむら)

暑い夏の間、金沢の人は寒々と隠棲しているように見える。そして日々翳りが増し、悪天が続く候になると熱くなってくる。11月の蟹解禁に歓喜の声をあげ、12月に降雪があると頂点に達する。希ではあるが、年明けに大雪に見舞われると狂喜乱舞、の体。もっとも…

今朝の金沢

寝床横のカーテンを開くと、もう雨は止んでいた。夜明けも過ぎていた。 これから雲の流れを日々追いかける、そんな冬がやってくる。

今朝の空

晴れたり、曇ったり、そして翳ったり、光りが射し込んだり、雨が降って、雷鳴が時折響き、そんな1日を繰り返しながら、気温が急降下していく。もうすぐ山から雪が降りてくる。そんな日々がはじまった、と思う。

中央美食街へ

昨日は仕事で学会の大先輩にお越し頂いた。仕事の後は新天地裏の美食街で寿司。一年ぶりじゃないかなあ。なかなか楽しい会食になった。マラソン前なのに深酒になってしまった。 冷やで呑んだこの酒が美味かった。 すっかり満足して、お客を連れてガルボでま…

迫りくる冬の音

昨夜は窓が揺れていた。強い風が吹いていた。 夜半過ぎには雨になったようで、窓を叩く雨音が断続的に続いていた。 どこかの部屋で、大きな窓の隅についている通風孔が少し開いているのだろうか。風が吹き込む高い笛のような音が聞こえてくる。 そんな音の繰…

ほんの一瞬の秋を過ごしている

金沢の秋は実に短い。9月まで夏の暑さが続き、釣瓶落としのように秋がはじまる。そして11月にはいると、暗雲立ち籠め、雷が鳴り、唐突に初冬がはじまる。もう、ほんの一瞬の秋を過ごしている。

金沢・福光屋見学(試飲編) 吟醸酒を見直した

酒蔵の後はショルームで試飲。板谷杜氏とショップの店長にもてなして頂いた。感謝! 吟醸酒や数年寝かせた古酒、さらにはン十年寝かした酒(古々酒?)、米のワインまでじっくり薫りを楽しみながら味わうことができた。 ボクが福光屋の酒が好きなのは、一見…

金沢・福光屋見学(酒蔵編) 伝統工芸のようなモノ造り模様をみた

昨年、あの世へ逝ったNさんの墓参りに誘われた。驚いたのは、そこがボクの母方の祖父母と同じ墓所。僅か数ブロック先。これも縁か。Nさんの先祖代々の墓に彼が喜びそうなウィスキーを垂らし、cowryの珈琲をポットから注ぎ皆で呑んだ。バーのカウンタを囲むよ…

台風通過前の夕暮れ

台風が日本海を進む。南から吹き込む風で暑い。夕暮れは不思議な煌めく色彩のなかにあった。 西の方角。寺町台地のシルエットがみえる。 南。30℃超の秋空のもと、犀奥の嶺が次第に遠ざかっている。 東は、夏のような青空だった。

高木麹まで

高木麹まで、歩いて味噌を買いに行く。台風のため暑い。30℃を超えているようだ。

渓流釣り禁漁に入って

渓流釣り禁漁に入った。友人が来ると、冷凍庫の在庫を出す。 K太師匠、秋M大師匠からの指南: ・ウロコは丁寧に取るべし、 ・血は完璧に取るべし(渓流での血抜きの後、キッチンタオルで徹底的に拭き取った)、 サボテンのSさんの指南: ・串に刺したほうが…

今日は曇天

上菊橋を渡って検診へ。今日は曇天。こんな日の雲を見ていると飽きない。金沢らしいぞ。

不老坂から犀川へ下る

今週は2日にわたって検診。市内の病院へ行く。胃カメラ検診では、麻酔をお願いするので、クルマが使えない。胃カメラが1日目なのか、2日目なのか、行くまで分からないので、二日とも徒歩。それも悪くない。 帰途、寺町から不老坂を降りる。急坂だ。天候が…

深夜のフーチー@サボテン食堂

親は動物嫌いだから、何も飼ったことはない。幼児の頃、犬に飛びつかれたみたいで、基本苦手。そんな半世紀以上の時間ではあったが、近所のバーの接客猫を撫でる、そんな深夜が何日かに一度。 気がつくとInstagramに写真が溜まってきた。 Instagram post by …

The concert for Bangladesh (1971) 何となく秋晴れの空を見たら、一箱分のレコードをゆっくり聴きたくなった

まだ聴いていないレコード、3枚組。長い間、店に飾られていたから、箱はボロボロ。 彼があの世へ逝って、もうすぐ1年。テキトーに選んだ店にあったレコードのほんの一部、一箱分を手元に引き取った。ジャケット(というか箱)は、ずっと店にディスプレイされ…

金沢・高砂:こんな感じが

昨日はJOE君(常務だからJOE)から連絡があって、高砂へ。オデン屋。最近、続けてオデン屋。 随分前にジャズを聴くメンバーで行って以来だから実に久しぶり。関東風の辛めの味。店の風情は昭和そのもので味がある。 夕食代わりに呑んで4000円台。最近高騰中…

金沢・辰巳「cowry coffee」久しぶりに

久しぶりに門脇君の店に入った。忙しくて、たまに豆を買うだけだった。 最近、テルモスにcowryの珈琲を入れて通勤。一日中、美味しい珈琲を楽しんでいる。一回で30gの豆を使うので、すぐなくなる。大目に買わなくては。 で持参したダニエル・カーターのCD を…

金沢「若葉」ゆったりとした空気に馴染んでしまった

落ち着かない8月もお仕舞いになって、少しゆったりとした気分になった。そんな訳で、Nさん、K太君の気遣いで呑みに行く。石引の若葉。有名店であるが、行くのははじめて。家からも案外近いのに。薄味のオデンが実に美味しかった。 昭和10年創業だそうで、懐…

去りゆく夏の気配を感じたのか

結局、1時間あれば音楽を聴き、半日あれば走って、一日あれば渓流に入る、そんな時間を過ごしている。 金沢に帰って、懲りもせず渓流へ。 滝がある枝沢に入った。狙った尺物は出なかったが、その清涼感たるや。 見上げると秋の空のようだった。 滝横の涼し…

金沢の夜

久しぶりの金沢

中本農園のとうもろこしと辰巳農園の枝豆

ようやく近所のスーパーマーケットに、中本農園のとうもろこしと辰巳農園の枝豆が並んだ。もう8月に入っている。例年より遅い。 中本農園のトウモロコシ、辰巳農園の枝豆 kanazawajazzdays.hatenablog.co