Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

金沢での暮らし

金沢・福光屋見学(試飲編) 吟醸酒を見直した

酒蔵の後はショルームで試飲。板谷杜氏とショップの店長にもてなして頂いた。感謝! 吟醸酒や数年寝かせた古酒、さらにはン十年寝かした酒(古々酒?)、米のワインまでじっくり薫りを楽しみながら味わうことができた。 ボクが福光屋の酒が好きなのは、一見…

金沢・福光屋見学(酒蔵編) 伝統工芸のようなモノ造り模様をみた

昨年、あの世へ逝ったNさんの墓参りに誘われた。驚いたのは、そこがボクの母方の祖父母と同じ墓所。僅か数ブロック先。これも縁か。Nさんの先祖代々の墓に彼が喜びそうなウィスキーを垂らし、cowryの珈琲をポットから注ぎ皆で呑んだ。バーのカウンタを囲むよ…

台風通過前の夕暮れ

台風が日本海を進む。南から吹き込む風で暑い。夕暮れは不思議な煌めく色彩のなかにあった。 西の方角。寺町台地のシルエットがみえる。 南。30℃超の秋空のもと、犀奥の嶺が次第に遠ざかっている。 東は、夏のような青空だった。

高木麹まで

高木麹まで、歩いて味噌を買いに行く。台風のため暑い。30℃を超えているようだ。

渓流釣り禁漁に入って

渓流釣り禁漁に入った。友人が来ると、冷凍庫の在庫を出す。 K太師匠、秋M大師匠からの指南: ・ウロコは丁寧に取るべし、 ・血は完璧に取るべし(渓流での血抜きの後、キッチンタオルで徹底的に拭き取った)、 サボテンのSさんの指南: ・串に刺したほうが…

今日は曇天

上菊橋を渡って検診へ。今日は曇天。こんな日の雲を見ていると飽きない。金沢らしいぞ。

不老坂から犀川へ下る

今週は2日にわたって検診。市内の病院へ行く。胃カメラ検診では、麻酔をお願いするので、クルマが使えない。胃カメラが1日目なのか、2日目なのか、行くまで分からないので、二日とも徒歩。それも悪くない。 帰途、寺町から不老坂を降りる。急坂だ。天候が…

深夜のフーチー@サボテン食堂

親は動物嫌いだから、何も飼ったことはない。幼児の頃、犬に飛びつかれたみたいで、基本苦手。そんな半世紀以上の時間ではあったが、近所のバーの接客猫を撫でる、そんな深夜が何日かに一度。 気がつくとInstagramに写真が溜まってきた。 Instagram post by …

The concert for Bangladesh (1971) 何となく秋晴れの空を見たら、一箱分のレコードをゆっくり聴きたくなった

まだ聴いていないレコード、3枚組。長い間、店に飾られていたから、箱はボロボロ。 彼があの世へ逝って、もうすぐ1年。テキトーに選んだ店にあったレコードのほんの一部、一箱分を手元に引き取った。ジャケット(というか箱)は、ずっと店にディスプレイされ…

金沢・高砂:こんな感じが

昨日はJOE君(常務だからJOE)から連絡があって、高砂へ。オデン屋。最近、続けてオデン屋。 随分前にジャズを聴くメンバーで行って以来だから実に久しぶり。関東風の辛めの味。店の風情は昭和そのもので味がある。 夕食代わりに呑んで4000円台。最近高騰中…

金沢・辰巳「cowry coffee」久しぶりに

久しぶりに門脇君の店に入った。忙しくて、たまに豆を買うだけだった。 最近、テルモスにcowryの珈琲を入れて通勤。一日中、美味しい珈琲を楽しんでいる。一回で30gの豆を使うので、すぐなくなる。大目に買わなくては。 で持参したダニエル・カーターのCD を…

金沢「若葉」ゆったりとした空気に馴染んでしまった

落ち着かない8月もお仕舞いになって、少しゆったりとした気分になった。そんな訳で、Nさん、K太君の気遣いで呑みに行く。石引の若葉。有名店であるが、行くのははじめて。家からも案外近いのに。薄味のオデンが実に美味しかった。 昭和10年創業だそうで、懐…

去りゆく夏の気配を感じたのか

結局、1時間あれば音楽を聴き、半日あれば走って、一日あれば渓流に入る、そんな時間を過ごしている。 金沢に帰って、懲りもせず渓流へ。 滝がある枝沢に入った。狙った尺物は出なかったが、その清涼感たるや。 見上げると秋の空のようだった。 滝横の涼し…

中本農園のとうもろこしと辰巳農園の枝豆

ようやく近所のスーパーマーケットに、中本農園のとうもろこしと辰巳農園の枝豆が並んだ。もう8月に入っている。例年より遅い。 中本農園のトウモロコシ、辰巳農園の枝豆 kanazawajazzdays.hatenablog.co

猛暑のなかのランニング

久々に走った。昨夜は遅くまで呑んでいたので、もう日が高くなっている。気温は30℃を越えている。11kmを越える距離を休み休み、ゆっくり走った。 途中の辰巳用水遊歩道は木陰で冷たい風が流れる場所。昔の金沢市と犀川村の境界近く。リンゴなどの果実園が広…

台風接近の夕暮れ

台風の影響で雲多い夕暮れ。朝方、渓流に行ったがオロの巣窟。暫しおやすみ。寂しい。

夕暮れの犀川堰堤

S君達と犀川の雪見橋下の堰堤で夕日を眺めた。鴨が漂っていて、何だかおかしい。 日没前に彼らは帰宅。 暑い夕暮れの熱い2人。一緒になって何年目だ?

犀川大橋での夕暮れ

呑みに行く前に犀川大橋の袂に立ってみた。下流のほうが仄かに明るい。夕闇迫る中、生暖かい風が吹き抜けていった。

久々の休日に

タイから帰って2週間、休まず働き続けた。少し気を抜くと、底抜けに働きたくない気持ちで一杯になったので、少し安心。正常なようだ。 ということで、金曜日に釣りに出かけた。久しぶりだなあ。春先に入ってご無沙汰だった手取川の支流へ。まだ入ったことが…

湿気を孕んだ色とは

雨の後、蒸せる日々が続いている。だから、あの夕刻の色彩は湿気を孕んでいるように、思えてならない。

長良坂の上と下

犀川の南側、寺町の向こうに住んでいた頃は、よく長良坂を伝って川沿いの遊歩道へ降りたり、上がってきたりしたものだ。坂の真ん中には地蔵様の祠もあり、お香の匂いも常に漂っている。だから、夜半頃に通り過ぎると、相応の雰囲気はある。 二度ばかり、その…

豪雨の最中ではあるが(中本農園のとうもろこし)

豪雨の最中ではあるが、自宅近くのスーパーマーケットに盛夏の便りが届いていた。中本農園のとうもろこしだ。これをみかけると、いよいよだな、と思う。 今年は忙しくて、釣りにもあまり行けていない、山にも行けていない、寂しい限りだ。 皮を剥き、大きな…

近所のバーの営業猫

随分久しぶり(かな?)に出かけた。そうすると、看板猫が歓待。ひっくり返って、お腹をみせながら甘えてきた。営業が半端ではなかった。いや、すごい。 営業スマイル

夏野菜の宴でカマシてた!

バンコクから帰ったら、洗濯を済ませてS君宅で昼呑み。呑み代はタイの蜂蜜(頼まれ物)。 買うた @naokoman2001 @nosako pic.twitter.com/eZtW78UXuw— kanazawa jazz days (@kanazawa_jazz) 2018年6月29日 もう金沢はすっかり夏に。S君の父君が農園をやって…

犀川での夕暮れ

昨日は夕方から近所のS君宅で昼呑み。バンコク帰りで冷蔵庫空っぽ、を気遣ってくれて嬉しい。 19時過ぎ、呑みを中断し雪見橋へ。犀川での夕暮れ、を久しぶりに愉しんだ。いい1日だった。ありがとう。

仕事前に竿を持って

帰国したら、山積した仕事。勿論、土日はない。土曜日は疲労困憊していて、家で体調のヤバさにビクビクしながら(倒れる予兆が警報のように鳴っている)遅めに出勤。早めに帰宅、就寝。 日曜朝は警報が止まっていて、かなり良い。やはり寝なくては。というこ…

岩牡蠣

昨日は接客。会食で金沢駅近くのロスタルへ。今季はじめての岩牡蠣。実に美味しかった。定番の肉の前菜、もよし。ワインを沢山呑んだ。

犀川沿いの光景

この2ヶ月、働き続けた。あまり休んでいない。GW開けから日曜2回だけじゃないか。10年振りくらいの強ストレスで胃の具合の悪さ、も懐かしい。はじめて腰痛も出てしまった。何か元の木阿弥感満点の日々。 そもそも仕事量が飛躍的に増えていて、例年のように…

長町に向かって

夕暮れ時に長町のほうへ歩いた。そんな時間に街中を歩くなんて久しぶりだ。 黄昏れている。武家屋敷なんかより、ただの裏路地から受ける不連続な時代感の変化、が楽しい。

5月の青い空

何年も暮らしているなかで気がついたのは、北陸では5月から6月中旬くらいまでが、実に素晴らしい日々が続く、ということ。陰鬱な冬も、これでチャラなのだ。 自転車通勤で犀川を渡り、天を仰ぐ。少し控えめな光が差し込む。柔らかな風が抜けていく。あと何…