Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

渓流釣り

渓流シーズン最後の日

9月30日は特別な日で、そう渓流釣りが翌日から禁漁になるから。 シーズンを閉めるにはどんな場所が良いか、少し考えてしまう。昨年もそうだったが、水が綺麗な場所でゆっくり釣りたいと思った。で、大きなダムの上流へ、K太師匠と向かった。 ボクは源流に…

渓流シーズンのお仕舞い

9月末で禁漁になる。ということもあって、金曜夜には東京から来られたSさんを囲んだ宴会で、乗りに乗って2時くらいまで呑んでいたのだけど、随分遅い時間から竿を持って手取川の支流へ。 時間も余りないので、小さな枝沢に潜り込んで遡行してみた。小さな…

渓流もお仕舞いへ

近所の小さな源流へ出かけた。台風後の増水が、一日経っても残っている。あまり奥まで行けなかったので、小さなアタリだけ。 仕方が無いので、少しだけ下流側へ降りてみる。木陰の綺麗な場所があって、木漏れ日で川面が光っている。そんな場所には魚が付きや…

手取川の支流へ

二日目はY君と手取川の支流へ。本当は土曜の早朝に入る予定であったが、Y君の到着が遅れたので、翌日にしたのだ。 日曜なので、先行者や幕営者を予想していたが、やはり。朝5時半くらいでは、遅いのだ。2パーティが入っていて、新しい足跡もある。早々に釣…

秋晴れの渓流(大阪のY君を迎えて)

大阪のY君が再び来た。渓流釣りをはじめたい、ということで近所の沢へ。 水量が少なく、魚の出はイマイチであったが、何でも無いところを流して、37cmの岩魚が。今期「最長」であるが、痩せている。案外重くなく、取り込みも無難に。驚いたなあ。Y君は仕掛け…

盛夏の北陸では

盛夏の北陸では、渓流に「オロ」と呼ばれる吸血性のアブが発生する。ボクは体験したことがないのだけど、周りが真っ黒になるほど寄ってくるらしい。体験者はその恐怖、を語る。そんな訳で盛夏の渓流には誰もいない。 ボクも勿論、「オロ」が出たら渓流には行…

木笛を頂いた(熊用に使います)

小諸で木工をやっているS君から、笛を頂いた。先日、渓流で熊と出くわしたので、心配してくれた、のだろう。(いや、いつだったか家具を金沢に納品しに来たときに、呑みながら頼んだ記憶が) 封筒を開くと、小さなマッチ箱が。 開くと 笛だった。うん、クマ…

暗い渓

曇り空のなか、小さな川の源流に出かけた。夏枯れなのか、釣られたのか、アタリはない。木陰は真っ暗で、少し気が滅入った。 落とし込みの後の緩流に餌が流れた。強く引かれた。気がつくと、尺岩魚を引き上げていた。痩せているなあ。

互いの進路が交叉したから(熊撃退スプレー)

先週、渓流で互いの進路が交叉した。いつか出会うかも、と思っていたが。 結局、何事もなかったが、やはり必要だと思った。

釣ったイワナを食べる(M君、金沢へようこそ)

二重くらいの線(金沢の知り合いの線、前職の後輩の線)で関係がある、ダグ・ワトキンスを敬愛するジャズ・ベーシストであり、信号処理技術者であり、ジャズ喫茶の親父志望というヘンなM君が、金沢にやってきた。2年ぶり、だろうか? 前回来たときに集まっ…

初夏の渓を再び

先日の釣りの続き、に出かけた。源流では、時期が遅くなると、魚が奥へ奥へと向かうような気がする。だから竿出しの場所、は大切なのだ。先日は早すぎて、奥に入ることができなかった。 朝5時、クルマを出て林道を歩く。2kmほどで、30分。5時半に入渓。明…

初夏の1日

仕事を休んで(休日出勤の代休)、源流域に出かけた。今回は、手取川のある支流へ。アプローチが短いので、比較的、楽。 早朝、未舗装の林道を走る。路肩の駐車スペースに止めて、30分ほど歩いて入渓点に向かう。既に日の出後で、日差しが暑い。汗が額を流れ…

豪雨のあとの犀川源流域・倉谷川(土石の大量流入)

10日ほど前、金沢周辺では記録的な豪雨に。通常の犀川ダムへの流入(倉谷川、二又川)は、雪代の時期で15t/秒、雪代が消えた時期で5t/秒。それが200t/秒の流入量を記録している。それをダムが支え、下流域への災害を防いでいる。 犀川源流域では大量の土砂流…

犀川の濁り(ランニング20km)

本日は久しぶりのランニングへ。自宅から犀川上流の熊走大橋まで。往復20km。標高差は100m以上のアップ・ダウンなので走り応えは十分。もっとも、久方走っていなかったので、LSD。それでも15kmを過ぎてからの満腹感は尋常でなく、この夏は走り込まないといけ…

豪雨の後

土曜日は豪雨の後の余録、を求めてK太師匠と渓流へ。釣った魚で呑む算段もあるので、釣果が気になる。 入りたかった川は水量が多そうで、違う場所へ。思惑通り、堰堤には大きな岩魚が付いていた。2人で尺2本。周辺含め、満足の釣果だった。完全な夏空で山…

盛夏の色

夜明け頃は、曖昧な空だったのだけど、増水気味の沢で竿を振っているうちに、気がつくと木々の向こうに青空が覗いていた。 まだ梅雨が明けていないのだけど、盛夏の色を確かにも見たような気がした。 出水の後だったので、小さな川の源流域で尺越えを1本。…

雨の中、渓流へ

土日は山友達のY君と渓流へ。2年前、涸沢小屋で呑んでいて知り合った28歳(半分以下やん)。彼は、雨男として知られている(身内で)。涸沢で会ったときも雨。テン泊で雨に濡れた彼は、小屋のストーブで暖まっていた。そのためか、見事、二日間は雨。水曜日…

渓流での勝負

大阪から若い友人のY君がやってきた。涸沢の小屋で呑んでいるときに一緒になって以来、たまに山に登ったりする。今回は渓流釣り希望。 その彼を釣れて土日の二日間、渓流を少しだけ。というのは2日間は荒れ模様の雨。それでも、場所をうまく選んで、雨が止…

白山の雪・浜松町の書店で「山と釣り」

昨日は能登の後、小松へ。夕刻のフライトで羽田に出た。雲が多く、期待していなかったのだけど、頂上付近を見ることができた。白山から別山への稜線、チブリ尾根が見える。嬉しくなった。 羽田からお茶の水に出る間、浜松町の書店に入った。山の本を眺めたか…

黎明の頃

黎明の頃に目覚めた。薄らと晴れている。遠くに浮かぶ犀奥の峰の残雪も消えかかっている。 夜半過ぎに降ったらしい雨で、窓が濡れている。仕事の前に沢を歩きたくなった。 5月の晴天続きで、沢の流量は減っていて、澱のようなものが川の底石に纏わり付いて…

源流へ

家から見える加越国境の山嶺、もう白いものが随分と少なくなってきた。源流の時候が迫ってきている。水温も上がっただろう、とか、いろいろ考え出すと堪らなく源流へ行きたくなる。Tさんを誘って(お願いして)、源流へ向かった。体力勝負の日帰り釣行。 朝…

大きな川の支流へ

台湾から帰って、早々に沢へ。金沢近郊の小さな川にも少し飽きたような感覚があるので、大きな川の支流へ。水温は少し低く、水に入ると冷たい。それでも、何本か上げることができて、気持ちよかった。堰堤が多すぎたなあ。 下は33cm。

小さな源流域へ

5/7は朝から小さな源流域へ。直前まで4/30の場所と迷ったが、迷った時は危なくないほうへ。その代わり谷を長く遡行することに。源頭部に近いあたりまで詰めてみた。まだヤブが少ない時期なので快適。連休中、かなり釣られたに違いないのだけど、昨日の雨であ…

上流域へ

5/5は上流域へ。イワナ、ヤマメの混住域。経験的にはイワナ優勢。 しかし今回はヤマメ優勢で首をひねる。イワナは1本だけだった。

源流を遡行

4/30にTさんと源流へ。4:30集合で自転車と徒歩。水量やや多く、なかなか戦意高揚せず、枝沢で遊んでみる。出合いのポイントでTさん28cm。谷を上がるが、釣られていて、小さいのだけ。 水量多いが、まあ徒渉OKと判断し、上流へ。途中からぽつぽつ良形が釣れは…

夏の微かな匂いを

夜明け前に目覚めた。前日は夜行のフライトで眠れなかったので、早い時間から寝床に入った。布団のなかでの肌寒さが、放射冷却を感じさせる。よい天気だ。犀奥の峰が茜色になっている。 渓にクルマを走らせる。外に出ると5℃だった。水も冷たい。程よい水量…

墨を流したような空のもとで

数日前の天気予報では晴れだったのに。墨を流したような空だった。時折、渓へ急ぐ車体を雨が打つ。 呑んだ後で、遅い時間だった。源流の入り口には先客がいた。知り合いのフィアットだ。彼が入渓したであろう沢と、反対側に入る。やや狭い沢なので増水してい…

水量が増した渓流(尺岩魚)

K太師匠、最近はじめたTさんで沢にでかけた。 気温が急上昇し、源流域の融雪が一気に進み、沢の水量が増えている。川に入ることができない。沢の脇から竿を出し、濁流を避ける魚を釣る程度。 それでも尺岩魚を釣り上げることができた。今季はじめての尺。し…

残雪の源流域へ

思いの外、春が遅い金沢。肌寒い日が続く。そんな日には渓流に入りたい気持ちは沸かない。天気予報とにらめっこし、晴天が二日続く、そんなときの二日目を狙ってみた。水温上昇、を期待して。 夜明け頃、源流域はまだ氷点下から僅かに上なのだけど、日差しが…

水緩まない渓流

3月の初旬は暖かく、第1週に20cmくらいの岩魚を釣ってご機嫌だった。その後、多忙で沢に入っていなかったが、なかなか気温が上がらず、水温も低いようだ。しかし暖冬で積雪も少なく、水量が少ない。状況はあまり良くない、のではないか。 日曜は近所の渓流…