Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

レコード屋・購入音源

京都・寺町御池 WORKSHOP records : 寄り道

仕事の帰りに寄り道。レコード屋を2軒覗いた。 以前に入ったHOT LINEと最近できたWORKSHOP records。ある意味、スタイルはまるで正反対なんだけど、どっちも好きだな。 今回はHOT LINEで収穫なし。 WORKSHOP recordsでは、現代音楽を一枚。ジャズでも何枚か…

京都から早稲田へ、そして新宿のディスクユニオン・ジャズ館へ

昼前から別の仕事で東京へ移動。やれやれ This afternoon pic.twitter.com/P0ul1nUsbp— kanazawa jazz days (@kanazawa_jazz) 2018年11月7日 仕事の後は新宿へ。 僅か20分の滞在で掴んだのは3枚。 どれも安レコードだけど、楽しみ。ハンペルにはジーン・リー…

今日届いたレコード(ECM最難関ほか)

今日届いたレコード3枚。上2枚はECM。ECMのレコードは残りが6枚となった。ただし最近の新しいもので未発注は数枚ある。メンコ集めみたいなもの。 ゆっくり集めていたが、数年でここまできた。上左のレコード(日本でのみ発売の最難関)を除き、大半は1000…

仙台・DisknoteからSTORE15NOVへ、面白かった

仙台も学都だけあって、レコード屋が楽しい: 今までは、ごく短時間、片平周辺のレコード屋に入っただけだった。 今回は時間の余裕が少しあったので、足を伸ばした。 一軒めはDisknote。かなり正統的なレコード屋。しっかりとした店であった。楽しかったのは…

西新宿・HAL'S records(10/22) 稠密な品揃え

お茶の水のDUのあとは、CAFE INCUSの中野さんに教えて頂いた店へ。 西新宿のHAL'S records。不慣れな場所なので、少し迷ったりしながら、入居している雑居ビルを探した。 実に稠密な品揃えで入店早々、胸が高鳴る。ECMコーナーには沢山のrare盤があり、ラス…

お茶の水での猟盤(10/22)

ワン・パターンだけど、いいじゃない。 CAFE INCUSの後、お茶の水に出かけた。平日の昼間、ゆっくり盤を見るのが楽しい。人混みはダメなのだ。 ランディ・ウェストンはてっきり70年代のアルバムかと思ったら、1964年の録音を1972年に再発したもの。ブッカー…

Nonesuchの24時間半額セール

現在、Nonesuchの24時間半額セールが行われている。クロノスカルテット、デヴィド・バーン、アラン・トゥーサンらのレコード、CDを注文。勿論、パット・メセニー、ブラッド・メルドー、ジョウシャ・レッドマンのアルバムも(気にしなくなって久しいが)。送…

調布・タイムマシーン:大学前の雰囲気

出張で行った調布のレコード屋。小さな店だが濃かった。大学前、の雰囲気かな。 新幹線の予約もあり、ごく短時間覗いたが、大量。チェリー以外は1000円前後。こんな感じのレコード蒐集が実に楽しい。チェリーもdiscogsの馬鹿値からすると、当時の販売価格+…

新宿DUレコード館、ジャズ館

移転しているのを知らなかった。そのため1Fのレコード館が全てと思い落胆。3Fのジャズ館にレコードがあることに気がつくのが遅れ、時間が足りなかった。やれやれ。 アルバータ・ハンターが2枚手には入って嬉しい。長い間、気になっていたのだ。オーネットの…

DU御茶ノ水駅前店での猟盤

日曜朝からの仕事にために、前日に東京へ移動。三連休台無し。直前に頼まれてムッとしたが、足首捻挫なんで仕方ないかと自分を納得させる。 で、 先々週にJazz Tokyoへ行ったので、御茶ノ水駅前店に。他ジャンルとかまとめて見れるので、好きな店。 一番嬉し…

レコード蒐集の補助サイトを立ててみた

単にレコードジャケットの上面を集積しただけのサイトを立てた。もう安心してレコードが買えない(重複購入)奏者が増えてきたためである。その補助記憶。 本当はロンパーチッチのレコードブログのような感じを考えていたが、面倒だし、それにレコード屋で眺…

大阪での買い物

隙間時間のレコード屋。1枚目は日本制作のマーヴィン・ピーターソン。安レコではあるが、良かった。レイシーとウォルドロンのデュオ2枚組。モンクの曲中心。悪い訳ないだろうな。後はクローグとサーマンのアルバム。この時期のクローグのセンスって最高にい…

迷いに迷って二回も訪問

東京一泊二日。所謂ゴールデンタイムががっつり仕事なので、東京到着の後と出発の前に自由時間がある。今回は東京到着後の1時間余り御茶ノ水のディスクユニオンへ。何枚かレコードを買ったのだけど、どうも気持ちを残した。twitterのtime lineでドン・チェ…

金沢・レコードジャングル:イケているが気になるのは

名古屋から帰って、駅近くのレコードジャングルへ。前回同様、かなり好みの在庫と価格状況。やはり良い。 ただ気になったのは、近年のレコード・ブームでの再発盤が増えたこと。シールド付きの綺麗な盤が多いが、手が出ない。録音の質が分からない。これが売…

自宅に届いた音源

これらは全て通販。ジーン・リーとラン・ブレイクのデュオが素晴らしいので、「まず」CDを注文。最初のRCA盤をBlue birdが残テイクを足して出したもの。その後、同じ音源の仏盤レコードを手頃な価格で発見。これって欧州盤でもいいんじゃないか、と思って注…

富山・セカンドビート:好きなレコード屋の条件

年に1回の用務で富山へ。仕事がはじまる前に好きなレコード屋へ。 好きなレコード屋の条件って、最低限の在庫があれば、やはり値付け。深く納得できる値付け、その観点で東京ではディスクユニオンに行くのだけど、この店も同じ。とても楽しい。 おおミシャ…

依存症の自覚は大いにあるよ

先日から気になるweb記事が流れている: レコードを溜め込む行為が正式に医学的障害へ | Mixmag Japan 当然、ボクなんかは依存症の自覚は大いにある。同好の士の反応も様々: 聴いていたら勝手に集まってきたものであって、溜め込んでいるわけではない?のか、…

金沢に戻ったら届いていたレコードとCD

NoBusiness recordsから4枚。阿部薫の騒でのライヴ、高瀬・シュリッペンバッハのデュオ、ピーター・キューンと近藤等則のセッション、崔善培のセッション。池間由布子の屋外での弾き語り、環境音が凄い。あとはThe Internetの新譜。

Victoriaのレコード屋(Ditch records)地の果てのような場所にも、何軒かはある

何処に行ってもOFFの行き先は同じ。地の果てのような場所にも、何軒かはある。 一軒目は殆どがCDでハズレ。 二軒目はレコードは多かった。 ditchrecords on Strikingly ジャズについては、大半が新品。古いプレスの中古盤の数が少なく、何となく面白くないの…

大阪・ディスクユニオン:ほんの少し

あまり探索意欲がなく1枚。India Navigationのマレイのデビュー作。

最近の入着品

ベイリーのギターも随分集まったが、聴けていないなあ。テイラーのBN盤。格安のリバティ盤だからRVGはなし。それでいいのだ、多分。あと近藤直司の新作。実に素晴らしい内容だった。

最近の入着品

アネット・ピーコックLPと吉田野乃子CD 渡辺香津美LPと吉田野乃子CD(同じもの) イーノ+バーンLP(月光茶房の原田さん推奨、カッコいい!)、ICPのベニンク+メンゲルベルクLP 菊地雅章CDs ヘイデンCDボックス、渋谷毅CD、モニカ・サルマソCD

まだ届くLP、CDそしてDVD

随分前(でもないか)に注文したものが入りはじめている。 レコード2枚。高木元輝・豊住芳三郎のデュオ。イタリアの謎レーベルQBICOのもの。群馬のジャズの再発。 CDはバードランドで痺れたマリア・シュナイダーを2枚。ArtistShareに直接注文。何故かUKか…

届き続けるレコード・CD

備忘のため記録しているのだけど、ちょっと枚数が。依存症か? まずはテイラーシリーズ。CandidのThe world ofとUAのHard Drivingは、モノラルのオリジナル。音圧高く満足。Jumpin'はCandidの残りテイク集の一つでイタリア盤。音質は悪かった。Innovationsは…

タイから帰ったら届いていたレコード、CD

ストレス多し、で、やや依存症か?続々届き、聴くのが追いついていない。 まずはレコード。プチ・セシル・テイラー祭り状態。Candid盤は日本盤の安レコード。BN盤はNYC/RVGの初期盤だが、案外安かった。あと70年代プレスのcontemporary盤も安レコード。主に…

日本で届いていたレコード

基本、こんな感じのソウルは好み 今日届いていたレコード 入手し損なっていたチャプチャプ。今度、Nobusinessから出るのは、国内で既発の再発だろうか、気になる。 #vinylrecords#newarrivals 息子レッドマンの新作がピンとこなくて、元祖を聴きたくなった…

ここ数日で届いた南米音楽

Instagram post by Ken • Jun 21, 2018 at 11:11pm UTC ここ数日で届いた南米音楽のCD2枚。あまり詳しくないので、他の人が薦めるCDを試聴し、入手するパターンが多い。まあジャズでも、そうなんだけど。 いつからか、「ほんとうに衝撃を受け、かつ今でも聞…

New York/ Downtown Music Gallery: 追加レコード

帰国前にDMGへ再び出かけた。店主不在で、ヒカシューのTシャツを着た店員が。日本人が奥さんなんだよ、ということで、店主同様濃い感じだった。 この人、お母様は見た目通りの、あの方。怖い物聴きたさ。 ジョン・ゾーンとラザウェルのペイン・キラー。何と…

New York/ Academy Records & CDs: ニュー・ヨークの空気

各地のレコード屋に行くと、土地の空気をレコードを通じて感じることがある。だから止められない、ような気もする。案外、面白いのだ。地方都市の餌箱から、ボロボロのRiversideのオリジナル盤が出てきたり。ああ、まるで人気がないのだな、と分かったりする…

New York/ Jazz Record Center: 古くからのレコード屋

古くからのレコード屋のようだ。古いビルの8階。 ニューヨークの真ん中で、インターネットでドーンと出てくるレコード屋で、良いモノが掘り出せる訳がないと、薄々分かっているのだけど、まあ旅の思い出、ということで。本当は東京でゆっくり廻ったほうが良…