Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

レコード屋・購入音源

出張から帰ったら届いていた音源(その2)

この一ヶ月のストレスは大きく、締め切りに追われるような状態。出張先でも落ち着かなかった。そんな訳で出張先でも細々と仕事。その合間に、つい注文してしまった訳で。。。 その後も届いたもの少々。注文の記憶がないものもあって(いや、しているのだけど…

出張から帰ったら届いていた音源

主に通販で購入したもの。聴かなきゃね。 これはアンドリュー・ヒルの4枚組。ブレイで味をしめたsoul noteのリマスター。あとはレコード。 これは随分前に注文したECMのレコード。新しいレコードカタログ付き。国内の店で買うよりは、まとめてECMに注文した…

全日本レコード&CDサマー・カーニバル@名古屋(バナナレコード・ジャズ・シンジーケート横)

今日は豊橋で仕事をしたあと、午後遅くに名古屋に移動。予定していた打ち合わせが、キャンセルになり、ホテルで休憩。その後、お決まりの「バナナレコード・ジャズ・シンジーケート」へ。 ところが、その奥が賑やか。レコードが見える。レコードの販売会であ…

The Complete Remastered Recordings On Black Saint & Soul Noteのリスト

The Complete Remastered Recordings On Black Saint & Soul Noteのリストを作ってみた。目眩がしそう。確実に、欲しいもののほうが多い。ゆっくり、ゆっくり。 CAM JAZZによると Box Sets CAM JAZZ Andrew CyrilleAndrew HillAnthony BraxtonArchie SheppAr…

Paul Bley: The Complete Remastered Recordings On Black Saint & Soul Note (2013) 昨日届いたCD

昨日、届いたのは Paul Bleyの10CDセットと今井和雄のアルバム。今井和雄のアルバムの格好良さ、は後日。 Soul Noteは1980年代からのBlack Saintの姉妹?レーベル。Black Saintよりも、「主流派」っぽいアルバムが多数収録。Black Saintとともに、レコードを…

ディスクユニオンJazz Tokyo: まあ結局

実に久しぶりのレコード屋。今日の予定が全部トンだので、午前中は仕事。それから出かけた。まあ結局、そんな時間の使い方しかできない。店内は人が少なく、またレコードも少なく、寂しい感じだった。買い物はまあまあかなあ。 これらは古いプレスのレコード…

台湾に行く前に届いていたレコード

リトアニアのディーラーから届いていた。 阿部薫・豊住芳三郎: Ocerhang party (QBIC): ALMのものと同じタイトルだけど、音源は違う。騒でのライヴだから、カセット・テープ音源。あまりレコードで聴く意味はないかも。音質はそんなに悪くないが。 Evan Park…

今日届いたレコード(日本のジャズ)

随分、レコード屋には行っていない。通販主体。これらは、国内のディーラーから通販で購入したもの。たまたまだけど日本のジャズばかり。しかも1枚除いてTBM。 吉沢元治:Inland Fish (Trio)ジョージ大塚:In concert (TBM)和田直:Coco's Blues (TBM)金井…

リトアニアから届いたレコード

昨夜、帰宅したらリトアニアのNoBusiness recordからレコードが届いていた。何故か、沖至や豊住芳三郎のレコードが最近出た。あとピーター・エヴァンスのもの。間違いなく、国内販売店で購入するより安価。 聴く前に暫く出張に出かけないとイケない、のが辛…

ディスクユニオン大阪、ほか

有馬の帰途、まあ当たり前のようにディスク・ユニオンへ。堂山町のディスク・ユニオンが入ったビルの二階では、中古レコードの販売会をやっていたみたいだけど、ディスク・ユニオンで予定金額を使い切ったので、行かなかった。最近は、そのような催事には関…

寒の戻り、の東京で(ディスクユニオン・Jazz TOKYO)

今日の東京の天候は荒れ模様。気温は下がり、ミゾレ混じり。今週末は4月、なのに。寒い。早いフライトだったので、仕事まで少し時間があり、40分の時間制限で猟盤。ブラジル系を見逃した。残念。 Xanaduは割と好きだったレーベル。金色の発掘シリーズでタル…

名古屋・栄「バナナレコード・ジャズシンジケート」今回はもう一つ

三連休にもかかわらず名古屋で仕事。かなり疲れる。 ちょっと抜け出して、レコードを漁ったが、成果は乏しい。とほほ。 最近教えてもらったジョルジュ・ベンの再発。TBMの笠井紀美子、菊地雅章の曲を歌っている。昔の廉価盤。あとはnonesuchのWSQ、録音期待。

横浜・関内ディスクユニオン:確かにレコード価格が

今日は仕事で横浜へ。人前で30分の話をした。その前の空き時間に、関内のディスクユニオンへ。 やはりレコード価格は下がっている。嬉しいことだ。パシフィック・ジャズとかアトランティックのオリジナルや、準オリジナルが2000円もしない。驚いた。 ドルフ…

仙台「ヴォリュームワン」移転

仙台では隙間時間に好きなレコード屋ヴォリュームワンの移転先を探した。残念ながら休み。今週は仙台・東京へ行ったが、レコードなし。やれやれ。 kanazawajazzdays.hatenablog.com

ドイツからの荷物(やっと届いたsurface shipping)

HIRESAUDIO: ECM他の高分解能音源の販売サイト

今日、Craig Tabormの新譜、ECMからのものを購入。通常、価格がこなれてくる半年後あたりを狙うが、我慢できなかった。 と云うのが、高分解能音源・24bit/96kHzものが$20のサイトを知ってしまったから。CD(16bit、44.1kHz)よりも安価である。(私のように…

ディスクユニオン大阪(一日目)のレコード(阿部薫・豊住芳三郎のデュオ ほか)

ディスクユニオン大阪(一日目)のレコードが届いた。 一番の釣果が阿部薫・豊住芳三郎のデュオ。実はコレ以外の大半は1000円前後の盤ばかり。これは元気なときに聴こう。富樫雅彦、佐藤允彦、山本邦山のライヴ。聴く前から聴こえそうな企画なので、長く手を…

ディスクユニオン大阪(二日目)

昨日、時間の関係で見逃した新着とCDを再度見に行った。二日連続で宅急便も何なので、これはお持ち変えり。だからブログへのアップはこっちが先。今日は金沢に帰れるぞ! モンクっぽいセシルもいいかな、と、トラジション盤(キング)。トリヴァーはメンバー…

お茶の水ディスクユニオンでの猟盤

仕事の後、出かけた。 まずは古いレコード(オリジナルかは分からないが、相応に古い) ハンク・ジョーンズのサヴォイ盤はさるブログが念頭に、トリスターノはコニッツのアルバムで気になった。はじめて買った。 コールマンの良い聴き手じゃないが今更の一枚…

名古屋・栄「バナナレコード ジャズシンジケート」前から欲しかった盤

仕事の前に栄のレコード屋へ。夏以来だ。 今回は3枚。前から欲しかった盤、があった。ロイ・ヘインズとブッカー・アーヴィンが入ったもの。別にPrestigeのセカンドで良かったのだけど(RVGモノであれば)、New Jazzのものが、まあまあの価格であったので手を…

On line 配信/販売サイトまとめ (英国のBoomkatを追加)

備忘のためOn line 配信/購入サイトをまとめた。 物理的マテリアルとしてのCDはもういいや、の感覚があるので。 (ECMのCDは悩むのだけど) 主には使っている、使ったことがあるサイト中心: ストリーミング: 販売サイト: 国内サイトは高価。あまり使わな…

レコードで聴く、ということ (Ruweh, Nakama, ECMなど)

本日、帰宅したらニューヨークのRuweh recordsから、LPレコードが二枚、届いていた。ピアニストの蓮見さんのレーベル。ディジタル音源を聴くと、ボクが平素、最近のECMに感じているストレスを分かってくれているような、清澄で柔らかい音。意識された録音、…

暮れも近づいたお茶の水・ディスクユニオンJazz Tokyo

仕事が終わり、調布から羽田に向かう途中、ぽろりとお茶の水で途中下車。 シャソールのレコードがあった! あとNonesuchのメルドーとレッドマンのデュオ。これらは新品。あとは中古で全て1000円以下。ギル・エヴァンスの英国でのライヴ。菊地さんが入ってい…

ECMの近作のレコード

今日、入着のレコード。ECMの近作ばかり。 2種類あるようだ。audiophile vinyl pressingという軽い盤と、180g vinyl pressing。まずはヤコブ・ブロを聴いてみたが、もう、そのリアルさに打ちのめされた。特にトーマス・モーガンのベースが凄い。残響過多、…

どう思いますか、ECMの録音(昨日届いたCD)

一昨日はドルフィーのLPと一緒に、給料日に注文したECMのCDが3枚届いた。昨日にあと1枚。 最近のECMには、若干の疑問を感じながらも、気になるアルバムが多いのも事実。つい手が出る。 疑問とは: (1)かつてはアイヒャーの世界観が現実の先を行っている感…

大阪・梅田「ディスクユニオン大阪店」かつてのLPコーナーの近所に

かつて、阪急東商店街にLPコーナーというレコード屋があって、かなりマニアックなレコードを置いていたように思う。関西の有名店。丁寧にジャケットに被せたビニールが特長。だから、希に中古レコードでそのようなモノを見るときがある。ボクが学生の時に1…

購入音源について(apple music, bandcamp, LPレコード)

最近感じることは、CDという物理媒体の滅亡への足音。容量の少なさ、から既にPC系のメディアからは姿を消していて、DVD、更にはメモリへと変貌している。多くの音楽用装置がCD対応なので残っているが、ネットへの接続性についての改善がある段階まで進めば、…

ここ数日で届いたレコード

フリージャズを聴くときの快感回路、脳内あるいは感情の基層か、の一つは、楽器そのものの「鳴り」。鳴動する楽器が発する音の美しさ、複雑さ、など、物理的な音そのものを楽しむような感覚がある。 その意味において、レコードを入手して聴く、ことに価値が…

鹿児島・Record station: 街のレコード屋さん

鹿児島中央駅のあたりで、隙間時間が1時間弱。探すと、レコード屋が一軒。 地方に行くと、レコード屋か本屋。レコード屋は値付けのー「揺れ」、本屋は地方出版が面白い。 インターネットの時代、レコードの値付けには統一的な相場感がある、確かに。だから、…

名古屋・栄「バナナレコード ジャズシンジケート」スキマ時間のレコード屋

今日は夜明け頃に起きて、早朝から出張。名古屋へ。 午前中は鶴舞、午後遅くは栄で仕事。合間にレコードをちょっと。 この店の特徴は品揃えのバランスの良さ。たまにヴィンテージ的レコードが安価にある。今回はなかったが。 まあレコード店で過ごす時間は楽…

横浜関内JAZZ館での猟盤ほか

仕事が終わってから、フライトまでの隙間時間にレコード屋に行ってきた。相変わらずの関内のディスクユニオン。月末に特設会場でセールスがあるようで、そのような場合、面白い盤はkeepされるので、ん!、とは思ったが、猟盤へ。 結果的にまずまず。 ・昨日…

お茶の水で入手したレコード

新宿からお茶の水へ。回遊コース、のようだ。駅前店では本だけ購入。Jazz Tokyoへ。 まず眼に入ったのはダグラスのLoft Jazzコンサート。全5枚のうち、2枚。昔から二束三文だったけど、今回も。先日、apple musicで聴いたら存外に良かったので。 高瀬アキ…

新宿で入手したレコード

天候が不安定な東京へ、久しぶりの出張。あまり出かけたくないので、積極的には動いていない。だから、本当に久しぶり。仕事の前の隙間時間に、レコードを見に行った。 まずは新宿へ。新宿の東口に立つと、35年前に大阪から夜行列車で来て、ピットインやDUG…

金沢・鱗町Estacio:街のレコード屋に行かなくなって久しいが

いつだったか、陶工Yから「鱗町にレコード屋が開店したから行ってみて」、と云われたことを思い出した。なぜ彼女がレコード屋と関係あるのか分からないのだけど、そんなことを思い出した。と云うのは、鱗町の料理屋さんに接客で行くことになったから。 金沢…

岐阜・バナナレコード:TBMが何枚か

バナナレコードは好みの店。価格も手ごろだし、多くはないが珍しい盤も混じる。多くの「普通のレコード」のなかに混じるそんなレコードの配合比率が絶妙、と思う。少なければ面白くないし、多ければ概して平均単価は高い。 今回はTBMのレコードに眼がいった…

先週末に届いていたCD/LPレコード

金沢に帰ったらポストのなかには不在時の配達票。仕方がないので深夜の郵便局まで。郵便はそのように受け取れるし、ヤマトのセンターは近所なので受け取りは容易。サガワはセンターは遠いし、やや配達に難があるので、受け取りに苦労する。 届いていたのは高…

日本のジャズ、の日々(高木元輝、rabbittoo、渡辺貞夫、五十嵐一生と辛島文雄)

ここのところ通販で入手した日本のジャズの録音盤。 高木元輝のサックス・ソロ。なんとなくレコード盤が欲しくなった。 rabbittooの第2作もずっと気になっていた。ようやく。 発作的に入手したのは、渡辺貞夫の根室のライヴ。1978年(くらいだったか)で、…

最近届いたCDとECM雑感

渡米前後で届いたCD。ちゃんとECMの新譜も聴こうとしている。 このなかで圧倒的な破壊力はディレク・ベイリー、ジャマラディーン・タクマとカルヴィン・ウェストンによる「Mirakle」。ファンクではあるが、今聴くと、存外にしっかりジャズのオーネット一族の…

Rooky Ricardo's Records, Groove Merchant Records @ San Francisco: たかだかレコード屋の訪問だけど

この街って、ダウンタウンの中心地から北の丘陵地は比較的小ぎれいな地域だと思うが、それを取り巻く地帯は、何となく独りで歩くにはなあ、という場所のようだ。ゴミが中途半端に散乱しているし、中途半端に人は歩いているし、しっかり「あの臭い」はするし…

Aquarius Records, Originals Vinyl@San Francisco: 下町(?)のレコード屋へ

サンフランシスコに着いて、ひと休みした後にレコード屋に。BART(鉄道)で行くことのできる店へ。24th streetと16th streetの間にある2軒。 このあたりはヒスパニック系が多い地帯のようで、下町。嫌いな感じではない。活気がある。道路にはゴミも多く、ま…

久しぶりの店買い(ディスクユニオン・JazzTokyo、関内店)

3月の九州以来じゃなかろうか。新横浜での打ち合わせ(資金提供社への報告会)の前後の隙間時間に、それぞれ1時間弱、訪問した。 最近はimprovised musicを聴く「回路」が脳内に出来たらしいので、そんなあたりが気になった。肝心のECMの残レコードは成果…

Hats & Records@Aveiro: 帽子とレコードの店

ポルトでは、数軒のレコード屋を発見したが、開店時間とうまく合わせることができなくて1軒だけ訪問。気に入ったレコードはなくて、敗退。 その後やってきたAveiroではレコード屋は1軒(みたい)。それが宿泊しているホテルの裏側の辻、にあるようで、仕事…

銀巴里セッション(1963)そして日本のジャズ(最近、届いたレコード)

先週届いた3枚のレコードは全て、日本のジャズだった。 元来、日本のジャズは好きで、30年前、随分とレコードを買った。亡父からは、そんなの聴いて面白いか、と云われたけど。要は、本場を聴け、的な感覚だった。1970年代のお仕舞い。だけど日本のジャズは…

福岡・大名「Borderline records本部」隙間時間その2

2回目の訪問。3年振り。好きなレコード屋。何がいいか、多分、価格と品物の関係が性に合うのだろう。 レコードを3枚持ち帰り。 富樫さんのアルバムでレイシーが気になっている。そして、この時期のキングレコードは素晴らしい。 武満徹には手が出る。 安…

福岡・天神「Juke records」隙間時間の一瞬に

博多・天神に宿をとっているのだけど、その前がレコード屋。図った訳ではないのだけど、謀られたような感覚。驚いた。 で、そのJuke Recordsに隙間時間を利用して入った。15分くらい。金沢のジャングル・レコードのような感じの店。 好きな感じのレコードは…

今日の御茶ノ水は1時間足らず

今日の御茶ノ水は1時間足らず、なので、特に目立った入手盤はない。 少し熱狂から醒めたようで、嬉しい。 ブレイのソロ。昔からよく見かけるIAI盤。 あと古本屋 に顔を出したら、これが目にとまった。亡き知己の回顧。 仕事の日、だったのです。

最近届いたレコード

ほとんどが海外のsellerからの購入。忙しいので、ペースが落ちている。好ましいことだ。もうすぐ渓流の春。ますます落ちれば、良いが。 ここまではECM。主戦場は1300番台、1400番台。あまり焦らず集めることだ。 一番下、右はSPシリーズ。これで全4枚揃った…

昨日届いたLPレコード

この2枚に共通点がある。1970年頃のゲーリー・ピーコック在日時の吹き込み。菊地雅章さんとのセッション「銀界」と「ポエジー」の素晴らしさ、に魅入られた。彼らの協調・競調から浮かび上がる音、のみならず、彼のベースの力強さ、も香しい。で、レコードに…

Austin: Waterloo records LPレコードの復権

オースチンのダウンタウンでwalking distanceのレコード屋はここだけみたい。勿論、Walking distansの定義にはよるが。 会議が終わった後に覗きに行った。大きなフロアだけど、CD/LPが半々、さらにCDもLPも中古の比率は低く、その意味で面白くない。 ただ驚…

年明け前後からの入手盤

一昨日(1/14)は東京へ出張。用務の隙間時間はお茶の水へ。ディスクユニオン・Jazz Tokyo、駅前店で猟盤。あまり冴えなかった。年末セールの後出しね。 まずはLPレコードから。 ECMの旧譜はなし。最近のものを2つ。(手を出さない積もりなのだけど) ジョ…