Kanazawa Jazz Days

Kanazawa Jazz Days

ジャズを中心としたレコード/CD、登山/渓流釣り/ランニング、金沢の日々の暮らし

ディスコグラフィ

The Complete Remastered Recordings On Black Saint & Soul Noteのリスト

The Complete Remastered Recordings On Black Saint & Soul Noteのリストを作ってみた。目眩がしそう。確実に、欲しいもののほうが多い。ゆっくり、ゆっくり。 CAM JAZZによると Box Sets CAM JAZZ Andrew CyrilleAndrew HillAnthony BraxtonArchie SheppAr…

久々に入手した浅川マキのアルバム2枚

深夜に帰宅したら、浅川マキのアルバム2枚が届いていた。なかなか入手が難しい1980年代のもの。今は焦って集めるようなことをしていない。1年〜2年の期間で考えると、たまに見かける、そんなアルバム。 [2015-12-15記事] 浅川マキのアルバム 細々と集めて…

菊地雅章の客演アルバム: 渡辺貞夫、ギル・エヴァンスそしてポール・モチアン

今度は客演編。ボクにとって思い出深いのは、ギル・エヴァンスのパブリック・シアターでのライヴ。ギルの数多いアルバムの中でも名盤中の名盤に菊地雅章が出ている。またこの時期(1970年代後半)は、彼にとっての高揚期に違いなく、渡米後数年で、隠遁した…

菊地雅章のアルバム(CD時代編)リーダ作、準リーダ作のリスト、全部は揃っていないけど

昨日の記事の続編で菊地雅章(CD時代)のリーダ作、準リーダ作のリストを掲載する。 レコード時代と違って、全ては持っていないが、持つべきアルバムは持ったと思っている。どうでもいいかな、と思っているのは、元来レーザーディスクのBGMであったらしいシ…

菊地雅章のアルバム(レコード時代編)とりあえずリーダ作、準リーダ作はレコードで揃えた。

レコード時代の菊地雅章のアルバムを並べてみた。1970-72に集中していて、凄まじい数。またレコードからCDに切り替わる時期は、アルバムをさほど作っていない。だから、切れ目は明確。要はスストの後の沈黙が長いのだ。 ここではリーダ作、リーダ作に準じた…

INTACT Recordsの近作チェック(フランクフルトで)

Irène SchweizerとHan Benninkのデュオがとても良かったIntact records。近年の高瀬アキさんのアルバムも。 ECMに迫るような統一的な世界観(確かに21世紀の音)を「仄かに」感じさせ、残響過多ではない録音も好み。 最近、リリースを加速しているような印象も…

Bill Evansのアルバム整理

来週、さ来週は長い出張のロード。レコード屋ガイドを持って歩く(つもり)なのだけど、闇雲に沢山欲しい状況は去った。Bill Evans, Miles Davis, Eric DolphyそしてECM, TBMあたりをキーワードに、という感じ。 特にBill Evansについては、 - Riverside期の…

浅川マキのディスコグラフィー

浅川マキのディスコグラフィー。彼女の生前出たアルバムであり、かつアンソロジイは含まない。個人的に何を持っているのか混濁し、重複しはじめたので書き留めた。だから後尾のLP、CDは保有盤の備忘。 書きながら、思うことがいろいろあったのだけど、それは…

Herbie Hancockのリーダ作の少し完全に近づいたディスコグラフィーと保有チェック

wikiより引用したHerbie Hancockのリーダ作不完全ディスコグラフィー。漏れても気にならないサウンド・トラックが入っている割には、漏れてほしくないSusoとのデュオが漏れていたり。不完全だけど、最近、LPが気になっているので、そのチェック用リスト。 追…